笠岡ベイファームで菜の花を見て感心したこと

今日は日曜日ってことで
最近家族でお出かけが少ない~
なんて妻や子の要望で

 

 

笠岡の道の駅
笠岡ベイファームまで行ってきました!

 

私、道の駅が割と好きで
いろんな地方の道の駅に行って
その土地の特産物を見るのが好きなんですが

 

笠岡の道の駅って別格なんです。

 

笠岡の道の駅を別格にしている理由はこちら

 

 

大きなお花畑が無料で観られるんです。

 

今は春なので
菜の花ですが

 

夏にはヒマワリ
秋にはコスモス
などが見渡す限り咲いていて

 

ついつい
季節ごとにリピートしてしまうんですよね。

花畑で人を集めて商品を売る

季節ごとに
広い花畑を作り集客する。

 

そして
来てもらった人には花だけ見て
手ぶらで帰らすなんて野暮なことはしないで

 

はいっ!

 

↑地鶏の焼き肉やら

 

↑ご当地肉まんやら

 

あとは、
地元で作られた野菜や海産物もありまして

 

お金を使わせる仕組みがハンパじゃないのであります。

 

野菜とかお魚とか
新鮮で安いし・・・。

フロントエンド商品とバックエンド商品

マーケティング用語で
フロントエンドとバックエンド
っていうのがあるんですが

 

簡単に言うと

 

フロントエンドとは集客するための商品
バックエンドは本当に売りたい商品です。

 

集客商品を一度買ってもらった後に
価値を感じてもらって
より高額な商品を買ってもらう
という手法です。

 

例えば

 

居酒屋のランチはフロントエンド商品
ディナーはバックエンド商品

 

英会話教室の無料体験レッスンはフロントエンド商品
有料レッスンはバックエンド商品

 

みたいな関係です。

 

なので

 

笠岡の道の駅は

 

花畑はフロントエンド商品
野菜や海産物はバックエンド商品です。

 

こんな風に2ステップでモノを売る手法は
Webマーケティングではよくあります。

 

メリットが多いですからね。

 

ただデメリットもありまして

 

それは・・・

 

無料に集まるお客さんの質!

 

無料に集まるお客さんって
やっぱり無料だから・・・で集まる人が多いですから。

 

無料で集めて農作物のような
お手軽なお値段のものを売るのは良いですが

 

無料で集めて
2万、3万以上のものを売るのは
もうワンステップ必要になります。

 

それでもやっぱり
2ステップで集客するのは
効果的なので

 

自分の商品だと
何がフロントエンドになるかを考えてみるのもいいですよっ!

 

と笠岡の道の駅に行って思いました。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です