お客さんは気持ちよくお金を使いたいのです!

チラシやブログや動画で
個人事業主の集客の仕組みを作ります!

 

地域集客コンサルタントの麦田です。

 

↑めんや長いち「どとんこつ」

 

昨日はラーメン食べたくなって
ランチは行きつけのラーメン屋に行きました。

 

1か月くらいご無沙汰していると
また食べたくなるんですよね・・・・

 

ここのとんこつラーメン。

 

不思議なくらい
6年ほど通い続けていますが

 

月に1回くらい食べないと
食べたくなっちゃう。

 

なぜか?考えてみたんですが、

 

ラーメンはもちろん美味しいですが
他の美味しいラーメン屋さんはそんなに頻繁に行かない

 

じゃ、何がまた食べたくさせるのか?

 

それは、

 

大将(店主)に会って
最近のラーメン事情やら
畑の話をすること

 

そして

 

店主が
食べに来てくれたことに
すごく感謝してくれて
それが伝わるから・・・

 

もあるかなぁと思います。

 

やっぱチェーン店の
ラーメン屋さんの店員さんとか

 

「ありがとうございます。」

 

とは口で言ってますが

 

心の底ではそうは思ってないかもしれんのですよね。

 

雇われているから・・・。

気持ちよくお金を使いたいんです!

さて、
商売人は気持ちよくお金を使わせているか?
ということについてです。

 

私は、
コンビニやスーパーって
利用しますが、

 

気持ちよく
お金を払っているかどうかと言えば

 

そうではなくて

 

なんの感情もなく
お金を払っています。

 

必要なものを買って
それに見合った対価を払っているだけ・・・。

 

だって店員さんのこと知らんし、
多分店員さんも
お客さんが来て買い物してくれたからって
嬉しくもなんともない。

 

だって時給は変わらんもんね。

 

そりゃそうなるよ。

 

一方

 

店主の顔がしっかり見れて
自分が店に来たことを喜んでくれて
会話してくれるようなお店

 

こんなお店は

 

買い物して
気持ちよくお金を使うことができます。

 

そして

 

また来たくなる。

 

だって私がお店に来てくれたことを
喜んでくれるから!

 

同じ商品だったら
ちょっと高くても
後者のお店に行くかな。

 

これがですね、
通販の場合だと

 

安いお店

or

店主と知り合いのお店

 

だと安いお店で買っちゃうんですよね。

 

なぜなら
たくさんの取引量の中で
自分の名前を見つけてくれそうになさそうだから・・・。

 

まぁつまりですね、

 

安くていいものを買う

 

という行為でも
気持ちよいお金の使い方ができますが

 

店主が自分のこと知っててくれて
軽い会話でもしながら買い物をする

 

そして

 

店主が喜んでくれる

 

という行為の方が

 

より気持ちの良いお金の使い方

 

ということです。

 

気持ちよくお金を使わせてくれるところには
やっぱりまた行きたくなりますよ。

 

もちろん現金ね。

 

カードよりも使う快感がありますから。

 

 

というお話もします
岡山ブログセミナーは21日です

↓  ↓  ↓  ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です