なぜみやげを買わなかったのかを考えてみた。

チラシやブログや動画で
個人事業主の集客の仕組みを作ります!

 

地域集客コンサルタントの麦田です。

 

皆様、3連休いかが過ごされてますか?

 

私は以前から
家族サービスの約束をしていたので

 

岡山にあるドイツのテーマパークに行っておりました。

 

↑アルパカにエサをやる娘

 

子供たちは

 

アルパカにエサをあげたり
芝生滑りをしたり
ゴーカートに乗ったり
パン作りの体験をしたり

 

凄く楽しんでいたし、

 

私もドイツビール飲んだり
ウインナー食べたり

 

楽しかったんです!

 

ドイツあんまり関係ないじゃん・・・
というようなアトラクションばかりでしたが

 

まぁまぁ
家族で楽しんで満足したんですね。

 

通常ならこういう場合は

 

何かみやげでも買って帰ろうかな

 

と思うところ

 

でも私、何も買う気にならなかったんです。

 

ウインナーとか
ビールとか

 

結構おいしかったけど
買って帰らなかった・・・

 

ということで

 

マーケッター的視点で
買わなかった理由を考えてみました。

 

理由① 割高感

 

みやげの主力、ウインナー
価格も1,200円くらいで
量も多くてそんなに高くないんですが

 

入場料+アトラクション代

 

これが結構高い!

 

入園料1,000円

 

ゴーカートに乗るのに
800円ですからね。

 

2人別々に子供を乗せたら
1600円ですよ。

 

なので、

 

一通りアトラクションを楽しむじゃないですか?

 

みやげは帰る間際に買うじゃないですか?

 

帰る間際には

 

散財しちゃったな・・・

 

なんて気持ちが
ちょっとはあるんです。

 

その気持ちが
みやげを買う気持ちに
ブレーキをかける。

 

理由②みやげを買う場所が少し歩いたところにある

 

みやげを買う場所は
駐車場までの帰り道にあるんですが

 

それはお菓子や雑貨

 

 

ビールやウインナーを買える場所は
ちょっとだけ引き返さないといけない場所に
あるんです。

 

このちょっとだけが

 

ベビーカーを押していて
小さな子供2人いると
結構遠いんだな。

 

だから買おうという気持ちが萎える。

 

理由③通販で買える

 

今の世の中、通販で何でも買えます。
ドイツの本場のビールもウインナーも・・・

 

なので

 

必要なら楽天で買おうかな
なんて思われてしまう。

 

以上

 

みやげを買わなかった理由でした。

 

🙂

 

もちろん施設自体は
子連れで楽しめるので
行った私達は満足ですが、

 

運営側の立場からすると
客単価をもっと上げたい
と思うところでしょう。

 

だからですね、

 

みやげという武器の使い方が
非常にもったいないな・・・

 

なんて思いました。

 

こんな感じで
自分が買わなかった理由を分析してみると

 

自分の商売にも活かせますので
機会があれば考えてみてくださいね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

直近のセミナーです

↓  ↓  ↓  ↓

 

 

The following two tabs change content below.
広島県福山市を中心に活動する個人事業主・スモールビジネス向け集客コンサルタント。チラシポスティング・ブログ・動画・SNSの活用法などできるだけお金をかけない集客方法をお伝えすることを使命としている。趣味は楽器演奏と料理と家庭菜園。