さりげないおもてなしが心地よいなぁ

今日は冬至
1年の中で太陽が出てる時間が短い日です。

 

でも、暖かいですよね・・・。

 

こうも暖かいと
私の冬の大好物、
牡蠣が育たないのではないかと心配です。

kakifurai

↑とんかつ屋さんのカキフライ定食

 

さて、うちの近所に
すごい美味しいとんかつ屋さんがありまして

 

家族で大ファンなので
ちょっと贅沢したい外食の時には
毎回利用させてもらっているんですね。

 

なぜファンなのかというと
味が美味しいのはもちろんですが
お客さんに対しての気遣いが随所にあって
すごくうれしいからです。

おもてなしVSおもてなされ

お客さんへの気遣いって言っても
本当にあからさまじゃなくて
さりげないところが心地いいんですが

 

例えば

 

katusilyou

↑こちらの写真

 

見て気付きますか?

 

「次のお皿よりお使いください」

 

1枚目のお皿じゃなくて
次のお皿から使ってください

 

なぜ?

 

一番上のお皿って
前のお客さんの
目に見えない汚れが散ってそうでしょ?

 

だからキャベツの千切りの取り皿は2枚目から取ってね

 

という意味でしょう・・・。

 

さりげなさ過ぎて
おもてなしされていることに
気付かなかったです。

 

ここで私感じましたっ!

 

おもてなし力もあるけど
それを感じるためには

 

おもてなされ力も必要!

 

店「これがあなたに分かるかな?」
客「むむっこんなところにおもてなしが、おぬしやるな。」

みたいな暗黙の会話があるんですよね。

 

いいお店にはさりげない”おもてなし力”があって
それがわかる”おもてなされ力”を持った良質なお客さんが出入りしているんです。

 

自分で事業をしている商売人だったら
”おもてなされ力”を持ちたいものですね。

 

勉強になるなぁ~

 

おもてなし力がすごいとんかつ屋さんはこちらをクリック

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です