福山市でチラシ制作、反響を出すために大切なこと

私は”集客”に関するツールなら
ホームページやブログ、名刺などなど
一通りのことはできます。

 

チラシ制作もそのうちの1つ

 

しかしですね、
よくある広告屋さんとは違って
チラシ作りにおいて
ものすごく大事にしていることがあるんです。

 

それは、

 

クライアントさんの熱量を
きちんとチラシに乗せてあげること。

 

熱量っていうと大層なものですが、

 

要は

 

自分の商品大好きです!
あなたのお役に立てます!

 

というクライアントさんの気持ちを
きちんと読み手に伝わるよう
チラシをお作りすることです。

だから反響が出る、売れるのです。

名称未設定-1

 

今日はかれこれ3年くらい
チラシや販促物などにお世話になっております
某リフォーム屋さんとのチラシ会議でした。

 

チラシを作る流れとしては

 

①ミーティングで「誰に・何を」を決め
言葉を考えていく

↓  ↓  ↓

②それに必要な写真撮影、素材集め
軽く手書きで描いてみる

↓  ↓  ↓

③家に帰って私が言葉をまとめ
チクチクとデザインを作る

↓  ↓  ↓

④再びミーティング
細かいところを修正

↓  ↓  ↓

⑤印刷会社へ入稿

 

という感じです。
今日リフォーム屋さんとおこなったのは
④と⑤の部分

 

簡単にチラシ制作の流れを書きましたが
ホンマに手が掛かっています!

 

それはなぜか?

 

クライアントさんが持つ
商売に対しての
お客さんに対しての

 

熱量をチラシに乗せるためです。

 

よくあるような
インターネットのコンペ形式で
顔も分からないデザイナーが作った
まぁ見栄えだけはボチボチ・・・

 

みたいなチラシとは違うんですよっ!

 

クライアントさんの
強みやアピールポイントや人間性
もきちんと話して

 

コンセプトも
顔を突き合わせて話し合って

 

その熱量を乗せたチラシなんです!

 

だから

 

自分の強みが明確になる
反響が出る
売り上げが上がる

 

チラシ作成って言ってもね
イラストレーター(パソコンソフト)の使い方を
知っておけばできるもんじゃないんですよ。

 

反響の出るチラシは
デザインが良いだけじゃなく

 

熱量が乗っている

 

分かるかなぁ~
分かんねぇだろうな~

 

気になる方は一度打ち合わせしましょうね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です