チラシを自作されている商売人の方へ

我が家の車に搭載されている
カーナビは優れもので

 

朝一番に車に乗ると

「今日は〇月〇日、××の日です。」

 

なんて教えてくれます。

 

私はいつも楽しみにしているんですね。
車にエンジンをかける時。

 

それで、1月28日は何の日かというと

 

「コピーライターの日」

 

 

名作コピーはたくさんあるけれど・・・。

「小さくてもいい、たくましく育ってほしい」
「ゴホンと言えば龍角散」
「NO MUSIC NO LIFE」

 

聞いただけであの商品だ、あの会社だ
と連想させる名作コピーはたくさんあります。

 

そう考えると言葉の力ってすごいんですが

 

そんな名作コピーの裏には
右から入って左に出ていくもの
つまり一瞬で忘れ去られるものが大半です。

 

 

では、人の心に残るコピーと
一瞬で忘れ去られるコピーは何が違うのか?

 

私が考る要素は3つ

 

1、映像・写真
2、読み手に届く言葉かどうか
3、大量に何回も発信しているか

 

です。

 

1の映像や写真について
広告コピーというのは
動画の映像や写真と一緒に
添えられているものが多いです。

 

なので

 

その映像や写真とマッチしていて
相乗効果でコピーが印象に残るかどうかということです。

 

2の読み手に届く言葉かどうかについて

 

その情報を届けたい年齢や性別によって
同じ内容でも刺さる言葉は違います。

 

10代後半学生と
30代主婦では

 

使う言葉も
印象に残る言葉も違うということです。

 

3の大量に何回も発信しているかどうかについては

 

世の中キャッチコピーであふれていますので
何回も発信しないと情報の洪水に流されてしまうということです。

 

最低でもこの3つの要素を
クリアできていないと
右から左へ流されてしまうということなんですね。

素人じゃねやっぱり無理なんですよ

しかしながら、

 

上の3つの要素をクリアしていても
どんなに有名コピーライターが知恵を出しても

 

実際のところ
誰もが知る名作コピーなんてそうめったに生まれるもんじゃありません。

 

素人がチラシを作るときに書くコピーとなると
なおさら難しいです。

 

だからですね、

 

素人が自作でチラシを作る場合の
キャッチコピーはこれに限ります!

 

直球勝負!

 

名称未設定-1

 

 

単純明快なものの方が
はずれは少ないですね~。

 

例えば

 

私は小さなお家の修理が得意です。
だから高齢者の方は来てくださいねっ!

 

腰痛持ちのOLさんのための整体師です
お店に来てね!

 

みたいに

 

対象者+自分のできること

 

といった
直球のほうが
反響が出やすいですよ。

 

詩的な表現とか
心理テクニックを使ったコピーとか

 

そんな変化球はいらないです。

 

チラシを自作されている商売人の方
一度試してみて下さいね。

 

直球でいいんです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

The following two tabs change content below.
広島県福山市を中心に活動する個人事業主・スモールビジネス向け集客コンサルタント。チラシポスティング・ブログ・動画・SNSの活用法などできるだけお金をかけない集客方法をお伝えすることを使命としている。趣味は楽器演奏と料理と家庭菜園。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です