お問い合わせはメールかLINEで

営業マン=社長の会社の集客請け負います!

営業マンが売りやすくする仕組み

WRITER
 
営業は売れない
この記事を書いている人 - WRITER -
広島県福山市を中心に活動する個人事業主・スモールビジネス向け集客コンサルタント。チラシポスティング・ブログ・動画・SNSの活用法などできるだけお金をかけない集客方法をお伝えすることを使命としている。趣味は楽器演奏と料理と家庭菜園。

土曜の夕方くらいだったかな・・・

 

いっぺん非通知で
家の固定電話の電話が鳴ったと思ったら
すぐに切れて、

 

そのあとすぐに電話が鳴って
なんかの営業電話が掛かってきました。

 

一応私も営業畑出身なので
忙しくなけりゃ
電話をすぐに切らず
話だけは聞きます。

 

少し話していると
通信費を安くする提案の営業電話でして、

 

私の仕事部屋の
モデムのコード類が
わちゃわちゃとしているので

 

コードがいらないSoftbank airに変えようかと
ちょうど思っていたところの
営業電話でしたので

 

どのくらい通信費が安くなるのか
詳しく聞こうとすると

 

「担当者から電話をかけなおします」

 

と切られたんですが・・・

 

その後すぐに

 

「お父さんごはんよ」

 

と子供たちが呼びに来たので

 

ごめんなさい・・・

 

多分担当者が変わって
電話してきたんでしょうが
シカトしてしまいました。

 

いや、言い訳をさしてもらうと

 

バイトか契約社員かに
片っ端から電話させて

 

見込みが高そうな人とか
話を聴いてくれそうな人の良さそうな人を見つけて

 

営業マンが成約する

 

みたいなスタイル嫌いなんです。

 

電話の向こうで浮き足立っとるテレアポの兄ちゃん
鼻息を荒くして
「絶対決めるぜっ!」なんて言ってそうな営業マン

 

そんな雰囲気が
電話の向こうにあって

 

ごめん、ちょっと私
カモにされそうで怖いから関わりたくないんです・・・。

私のお仕事は営業支援です。

 

さて、話は変わりまして

 

あなたの仕事を
簡単に説明してください。。

 

って言われて

 

結構焦ることがあります。

 

なぜなら、一般のサラリーマンの方は
集客コンサルタントって言われても
何のことやらわからないでしょうし

 

集客屋さんですって言われても
何を売っているのですか?

 

となりそうですしね。

 

なので、面倒な時は
「広告屋さんです」と言ったりします。

 

福山市でも、集客のお仕事してるのは
知っている限り私だけですし・・・。

 

私のお仕事は

 

作るのは上手だけど
売るのがあんまり得意でない
個人事業主やスモールビジネスの方々に

 

集客の仕組みや売れる仕組みを作ること

 

でございます。

 

そのためにですね、

 

売れるためのツール

 

名刺やチラシやブログや動画などを
制作したり、ご自身で作ることができるようお教えすることもやっております。

 

コンサルタントとは違うの?

 

しいて言えばコンサルタントなんですが
ちょっと違う気もしますし・・・

 

広告屋さんとも違うの?

 

広告類を作ることもありますが、その行為は
「集客する、販売する」の過程であることですし・・・。

 

一番適正な言葉と言えば

 

営業支援

 

なんです。

営業しやすくすると売れやすくなる

 

営業支援と言いますと
なんか営業マンの育成みたいな
感じがしますがそうではなくて、

 

どうやったら営業マンが売りやすいか?

 

を考えて
必要なものを作るんですね。

 

私は元保険営業マンなので
気持ちが分かるんですよ
営業マンの・・・。

 

どういうお客さんだったら決まりやすいか?
どういう状況だったら商品の話がしやすいか?

 

逆に

 

どういうお客さんが嫌か?
どういう状況が嫌か?

 

なんかもよくわかります。

 

例えばですね、

 

お客さんと対面して
「詳しく話を聞かせて」
と前のめりになっている状態

 

つまり
お客さんがすでに温まっている状態

 

は営業マン的に話しやすいですよね。

 

一方

 

紹介などで
「とりあえず話を聞いてあげて~。」
みたいな紹介のされ方をして

 

お互い探り探り会話する

 

みたいな状況はやりにくい。

 

私の仕事は
前者の状態にしておくこと。

 

チラシや名刺やWEBを使って!

 

私が作る販促物は
お客さんの気持ちを温めておくこと
を目的として作っています。

 

だから
最終的に決めるのは
やっぱり営業なんですよね。

 

販促物が売るのではなくて

 

最終的には人が売る

 

そこに到達するまでの道のりを
できるだけ楽にしてあげられるのが
シュウキャクムギムギのお仕事です。

 

説明が難しいお仕事ですが

 

世の中の流れが変わり
人の気持ちが変わり

 

昔の営業手法じゃ通用しなくなってきた昨今

 

私みたいなお仕事って
結構必要としている人もいるんです。

 

営業部が無いような小さな会社や
営業からサービスから全部やらないといけない
個人事業主の方は特に。

 

それで、最初の話に戻りますが、

 

私、パソコンの通信費を安くしたいのと
コード類が多いので
コードのいらないWifiに変えたいな~

 

なんて思っている状態

 

いわゆる、すでに温まっている状態で
私に電話をかけてきたテレアポの兄ちゃん

 

そこまでは運が良かったんですよ、

 

でもですね、
途中でバトンタッチは良くなかった・・・。

 

せっかく短時間でも話ができて
ちょっと弱々しかったけれども
きちんと受け答えができていたので

 

なんとなく信頼関係ができるかも
というところだったのに

 

そのまま話をしておけば
資料くらいは送れたかもしれないのに・・・。

 

バトンタッチをして
ゴリゴリ売ってきそうな営業マンに変わるとは
もったいなかったね。

 

その仕組みは
効率がいいようで
営業マンにとっては売りやすい仕組みじゃないぜっ!

 

また出直してきてね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
広島県福山市を中心に活動する個人事業主・スモールビジネス向け集客コンサルタント。チラシポスティング・ブログ・動画・SNSの活用法などできるだけお金をかけない集客方法をお伝えすることを使命としている。趣味は楽器演奏と料理と家庭菜園。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top