50歳以上の個人事業主は気を付けたほうがいいですよ!

Windows95や
インターネットエクスプローラー
が登場して20年以上経ちました。

 

それらが登場したころは
私は高校3年生くらい

 

大学の卒業論文は
パソコンを使って調べ書いたし

 

ワードとエクセルくらいなら
大学卒業時にはある程度は使えたかな・・・。

 

その後、10数年経ちまして
パソコンやインターネット
そしてスマホの登場で
世の中は激変したなぁと思います。

 

ありとあらゆる仕事のやり方も変わりましたし
それに伴って人の考え方も変わりました。

 

例えば

 

営業というお仕事

 

私が大学卒業するころはまだまだ
飛び込み営業や
電話帳片手に電話しまくる営業
なんてのは普通にありましたが

 

今となっては

 

そんなことやっていたら売れません。

 

それだけならまだしも

 

営業先からは嫌われ
従業員からはブラック企業と言われ

 

ロクなことはないでしょう。

 

だって皆さん、
いきなり知らん人に訪問されても困るし
防犯上玄関さえも開けないですからね。
そんな時代です。

 

しかしながら
まだそんな営業をしているところも
確実に存在しているんです!

 

特にどんなところに多いかというと

 

パソコンが苦手

 

いまだにガラケー

 

過去に飛び込み営業で結構稼いだ

 

新規集客をしなくても既存客の数でそこそこ食える

 

そんな社長さんの会社(営業会社)です。

 

既存客の数で喰っていけるので
特に新規営業で顧客が無くても平気なんです。

 

だからですね、

 

人口減少で顧客が微減してても
売り上げが減っていても
そこそこやって行けてるので

 

全く新しいものを取り入れず
成果の出ない飛び込み営業や
電話営業しか方法を思いつかないので
過去の成功体験にしがみついてやり続けている

 

みたいな感じです。

感覚が若くて新しいものを取り入れられる人なら救える

それでもですね
若い従業員がいて
若い感覚や新しい手法を
取り入れられる頭の軟らかさがあれば問題ないのですが

 

従業員がいない
個人事業主の場合

 

頭が化石になってしまって
手の付けようが無い場合も・・・。

 

55歳くらいとしても
あと10年以上は働くでしょう。

 

既存客の方がいて
あと10年くらいなら生き残れそうなら問題ないのですが

 

これから先細りしていくのは
目に見えています。

 

それが不安ならどうするか?

 

時代に適応したやり方をしていくしかないんです!

 

新しい方法と言っても
パソコンやスマホアプリを使うことです。

 

営業は得意なら話は早くて

 

リアル営業でうまくいったことを
Web上で再現すりゃいいだけのことです。

 

今の若い人達は
パソコンやスマホの使い方は
おっさんたちより
上手かもしれませんが

 

人生の経験値

 

で言えば
確実におっさんたちの方が上でしょう。

 

だからですね
道具の使い方とコツさえ掴めば
まだまだ勝負は出来ますよ。

 

むしろ

 

そこを強化しないで
これからまずます厳しくなっていくであろう
商売の状況を乗り越えらえませんっ!

 

私はですね
おっさんと若者の中間に存在していて
飛び込み営業
Webを使った営業
両方の経験があるのでわかります。

 

人生経験がある
 =人の気持ちに共感できる

 

なので、
コツさえ掴めば
成果が出るのは早いです。

 

Webでモノを売ったり集客するのは
共感するのが大事ですから。

 

苦手なパソコンの使い方は得意な人に
お願いすればいいだけのこと。

 

大事なのは

 

時代に合わせて変化すること!

 

まずはですね
頭を柔らかくして時代に対応していくことです。

 

パソコンが苦手じゃなく
パソコンを使ってどうやるか?
を考えるのが苦手なのでは・・・。

 

気になる方は
相談に乗りますよ~。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です