成長が見込めない・・・どうするか?

食べ物を自分で作れると自立できる

 

なんてことを考えて

 

私は家庭菜園としてはちょっと広い
「むぎむぎファーム」を運営しております。

 

冬は植えるものが無いのでお休みなんですが
そろそろ暖かくなってきたので
準備を始めようかなと思っています。

 

↑11月に植えた玉ねぎ

 

玉ねぎの成長がイマイチなんですよね~。
毎年この時期にはもう少し大きいんですけど・・・。

 

しっかり土を作って植えたし
肥料もあげたし

 

でもうまく育たないこともあります。

 

しばらく様子を見ますが
あまりに育ちが悪いと

 

抜いて別の作物に切り替えたほうがええかなと・・・。

 

だって場所と労力は限られてますから。

保険業界はもう成長は無い

さて、畑の話から始まりましたが
先日のニュースでこんなんありました

 

日本生命保険は2日、毎月支払うタイプの個人年金保険や終身保険など貯蓄性商品の保険料を、4月から引き上げると発表した。日本銀行のマイナス金利政策の影響で市場金利が下がり、運用利回りが低下するため、保険料を値上げする。朝日デジタルより

 

簡単に言うと
日銀のマイナス金利政策の影響で
保険会社がやっていかれなくなりそうなので

 

ニッセイだけじゃなく他の保険会社も
一部保険商品の値上げ・売り止めがあるそうな・・・。

昔から私のブログを読まれている方は
私がファイナンシャルプランナーで
元保険屋さんということを
知っとって人もいると思います。

 

そんな元保険屋さんの僕ですが、
かれこれ3年半前に
今の仕事”集客屋さん”に商売替えしたんですね。
(保険相談業務はまだやっています)

 

今思えば

 

タイミング的には悪くない時期に
保険業界を離れて良かったかなと思います。

 

なぜなら、

 

この度の保険の値上げ・売り止めで

 

保険屋さんは売るものが少なくなるから!

 

私が現役で保険を売っていた時期から
貯蓄性の保険はロクなものが無いから入らん方がええですよ

 

とアドバイスをしていましたが

 

今度の4月でさらに改悪されます。

 

保険屋さんが売れるものは
掛け捨ての死亡保険と医療保険とがん保険くらいになるでしょう。

 

でもですね、

 

たぶんもうかなりの人が

 

それらの保険

 

保険料が上がらないタイプの商品に
入っているんじゃないでしょうか?

 

つまり

 

見直しで新しい保険を売って
古いものから新しいものに乗せ換える

 

ということが難しくなるんです!

 

だって保険料が高くなって
内容が悪くなるなら
誰もせんでしょう。

 

つまり

 

売るものが少なくなると
手数料収入が単純に減るということです。

 

いや、ホンマ
保険屋さんかなり厳しくなりますよ。

 

しかも、

 

人口減で加入者は減る
人工知能に取って代わられる職

 

なんて世の中の状況もありますので

 

どのみち成長する業種では無いです!

 

今保険業に携わる人は
判断を下す時期が近づいていますね~。

 

世の中の状況に合わせて
形を変えていかなきゃいけないですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

The following two tabs change content below.
広島県福山市を中心に活動する個人事業主・スモールビジネス向け集客コンサルタント。チラシポスティング・ブログ・動画・SNSの活用法などできるだけお金をかけない集客方法をお伝えすることを使命としている。趣味は楽器演奏と料理と家庭菜園。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です