お問い合わせはメールかLINEで

新規集客やリピート客を増やす方法お教えします。

お客さんが共感する情報を乗せて価値を感じてもらう

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

地方の中小零細企業の売上UPで日本を元気に!
地域集客コンサルタントの麦田です。

 

私が運営しております
ちょっと広い家庭菜園むぎむぎファーム

 

秋の味覚が収穫でした!

 

 

今年の夏は暑くて
雨も少なかったので
ちゃんとできるかなぁと思っていましたが
(枝豆は水が大量に必要です)

 

例年通りとはいかないまでも
7割くらいは良い豆ができました。

 

ちなみにこちらの豆は

 

丹波の黒豆

 

という品種で

 

黒豆とは言っても
おせち料理の黒豆は完熟した状態で、

完熟する前の緑色の状態で枝豆としても食べられます。

 

私が毎日水やりして
ほとんど農薬も化学肥料も使わず

 

丹精込めた枝豆・・・・。

 

しかも、枝豆は

 

農家さんは収穫する前に
豆を茹でる用のお湯を沸かして

 

収穫後すぐに茹でて
採れたてを食べる

 

と言われているくらい
採れたての風味は格別です。

 

一度採れたて茹でたてを食べると

 

よくある居酒屋で出てくる冷凍枝豆なんぞ
ただの塩味の緑色の豆にしか感じませんよ!

 

大きさ
独特のコク
甘み
ほっくりとした食感

 

どれをとっても枝豆の中でも最高級の美味しさ

 

いやホンマ、ビールがすすみます

 

こんな私が丹精込めて作った
枝豆食べてみたいですか?

 

いや、残念ながら
うちの子供たちがあっという間に食べてしまうので
分けてあげられる量がないんですよね~。

価値とはお客さんが共感する情報を乗せていくこと

 

 

さてさて、通常枝豆って
居酒屋で300円くらいですかね?

 

まぁすぐ出てくるおつまみってことで
注文されると思うんですけど、

 

でもこれが600円となると
ん~とちょっと注文するのをためらうかもしれません。

 

そんな時、その枝豆が

 

・丹波の黒豆
・今年は夏暑かったので収穫が少ない(希少である)
・無農薬(手間がかかっている)
・採れたて(鮮度が高い)
・普通の枝豆より大きくて美味しい(他社比較)
・うちの子供たちもペロリと平らげる(お客様の声)

 

などの情報が加わると

 

むむ、600円なら全然OK!となります。

 

通常の枝豆が300円として
丹波の黒豆が600円とすると

 

2倍の値段が違いますが、
上のような情報を伝えると
価値を感じてそれを買う人が出てくるんですね。

 

つまり何が言いたいのかというと

 

価値=情報

 

ということです。

 

普通の枝豆より
丹波の黒豆が2倍量が多いでもなく
2倍美味しいわけでもないので

 

その価格の差は情報量の差となります。

 

これと同じことが車などにも言えますよね?

 

トヨタのファミリーカーとフェラーリは
材料も質量もそんなに変わらないと思います。

 

でも価格は10倍以上

 

その差と言えば・・・

 

見た目の格好良さ
周りの反応
限定生産

などなど

 

いろいろあると思いますが
ほとんどが情報です。

 

つまり、

 

価値=情報

 

なので、

 

自分の商品を髙く売りたいと思ったら

 

価値を感じてもらうこと

 

そして

 

その価値は
お客さんが共感する情報を積み重ねることでできます。

 

髙く売りたかったら
お客さんが共感する情報を作って伝えること!

 

自分の商品を髙く売るための情報って何かな?と考えてみるのも良いですよ。

 

以上

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top