お問い合わせはメールかLINEで

地方の中小零細企業の売上UPで日本を元気に!

地方では集客の入り口だけ頑張ってもダメ!

WRITER
 
入り口集客
この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

地方の中小零細企業の売上UPで日本を元気に!
地域集客コンサルタントの麦田です。

 

コロナ第3波が押し寄せて
皆さん自主的に外出自粛している人が多いみたいですね。

 

政府は日本に住んでいる日本人に外出自粛を要請する前に

 

水際対策

 

発生源の国の人やその近所の国の人らを
空港から日本に入れることを
まずはストップしないといけないんじゃなかろうかと思います。

 

いや、まずは入り口をストップして
体制を立て直さないとね。

 

外国から来た人で病院が埋まったら大変じゃないですか?

 

オリンピックとかいろんな兼ね合いがあるだろうけど
発生源で完全に終息したとは考えにくいので
まずは海外からの入り口でストップさせないと!

 

みんなもステーキ食べたとかで
しょうもない政府批判しとる場合じゃないよ!

 

ということで今日のブログです。

集客は入り口だけ頑張ってもダメです。

 

さてさて、
今日は集客は入り口だけ頑張ってもダメってことをお話しします。

 

最近じゃいろんな
集客のためのツールがありますよね?

 

ブログ・ホームページ
チラシ・SNS・Youtube・ZOOMなどなど

 

フェイスブック広告なんかでは
最新のものが出てくるたびに

 

〇〇集客法!

 

なんてキャッチコピーで
広告を賑わせております。

 

しかしっ!

 

流行り物に飛びつく前にちょっと待った!

 

ちょっと考えて欲しいんです。

 

自分の会社やお店の
売り上げが上がらない問題は
本当に入り口が問題なのか?と・・・

 

こちらに
セールスファネルというものがあります。

 

セールスファネル入り口

 

この図は

 

見込み客がどのように商品を知って
購買に至るか?ステップを踏むか?の図なんですけど、

 

簡単に説明すると

 

①認知

まだあなたの商品を知らない人が知るようになる状態

 

②興味・関心

興味を持って調べたり、
自分に関係あるから気になっている状態

 

③比較・検討

必要性を感じて、
来店したり、
他社商品と比較や
財布と相談をしている状態

 

④購入

買っていただいて顧客になる
この後、口コミやリピートをしてくれるかも。

 

というステップを踏んで
お客さんが購入に至るという状態です。

 

フェイスブック広告とかで
よく出てくる〇〇集客法というのは

 

①認知

 

皆さんに自社商品をしっかり知ってもらい

 

②興味関心

 

という次のステップに進んでもらうためのものがほとんどです。

 

例えば、飲食店の場合だと

 

フェイスブックやインスタで興味を持ってもらって

ホームぺージやYoutube動画で
お店の場所や商品の内容など詳しく知ってもらって

 

来店して食事をしてもらうという流れです。

 

売上を上げるためには
まずは知ってもらうという
①認知の部分が重要なのは確かですが

 

④の購入の時点で

 

接客・サービスが悪かったり
料理があまりおいしくなかったりすると

 

リピーターにならない
最悪、悪い口コミが増えます

 

つまり

 

①認知をSNSを頑張ってコストをかけてやっても
④購入がショボいと

 

悪い口コミが加速して増えるだけなんですね!

 

だから、入り口をだけを頑張ってもダメで、
継続的に売り上げを上げようと思ったら

 

セールスファネルの
どこに問題があって
流れが悪いかを客観的に判断することも必要です。

 

①認知以外に問題がある場合は
一旦入り口を止めることも必要です。

 

特に地域を絞った商売の集客は

 

知ってもらって→来店してもらって
→購入してもらって→口コミしてもらって→リピートしてもらう

 

人口が少ない分、
この流れがスムーズでないと
売上UPはなかなか難しいですね。

 

地域集客は入り口だけ頑張ってもダメです。

 

以上

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top