お問い合わせはメールかLINEで

ホームページ・動画・チラシ・ニュースレターなど反響の出る販促物作ります

子どもに”りんごの皮むき”を教えるのは親の役目だ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

地方の中小零細企業の売上UPで日本を元気に!
地域集客コンサルタントの麦田です。

 

ついこないだ
年が明けたと思ったら
もう1月も後半

 

いや~あっという間に時間が経ってしまう・・・

 

1日に活動する時間が決まっているので
本当に時間の使い方を考えないといけないっすね。

 

さてさて今日はちょっと子育ての話題でも

 

↑只今うちの子はリンゴの皮むきを練習中

 

今、うちの娘にりんごの皮むきを教えておりまして、

 

手を切ってしまいそうな包丁の使い方を見て

 

「あ”~そうではない!」と口と手を
出したくなるのを我慢しております。

 

自分で考えて工夫するクセを付けて欲しいので
最初にやり方を教えたら

 

あとは

 

自分で試行錯誤するなり、
Youtube先生に教えてもらうなりして

 

自分でりんごの皮むきができるようになってもらいます。

 

本当に危なっかしいので
父としては全部やってあげたいんですけどね、

 

娘を自立させるために我慢、我慢

親として子どもに何を持たせてあげるか?

 

さてさて、お子さんがいらっしゃる方は
親の役割って考えたことありますか?

 

私は親の役割は

 

近い将来、社会生活が送れるよう
自立して1人で生活していく力を付けてあげる

 

ことだと思っているんですね。

 

だから、

 

子どものやりたいやりたくないの希望は関係なく
今のうちに身に付ける必要があることは
無理やりにでもやらせておかないといけないと思うんです。

 

自立して生活できるために・・・

 

そんな中で、私が考える

 

無理やりでも身に付けておいて欲しいことは3つ

 

①料理
②パソコン
③英会話

 

です。

 

ちょっと前の世の中だったら
”読み書きそろばん”みたいな時代もありましたが
今はそれらは当たり前になって+アルファで

 

①料理
②パソコン
③英会話

 

3つだと思います。

 

理由としては

 

①料理

今や全世界的に和食(日本生まれの洋食含む)は食べられていて
海外に出て、料理ができりゃ
とりあえず喰いっぱぐれは無いし
コミュニケーションの手段にもなるから

 

②パソコン

これは言うまでもなく
パソコンが全くできないと
職業の選択肢がかなり狭まってしまうから

 

③英会話

これから日本は人口も減って国力も落ちてくる
近い将来、仕事を海外に求めなくちゃならなくなるでしょう。

そうなった時に勉強を始めるのは遅すぎるので
子どものうちから10年くらいかけて
字幕なしで映画を見られるレベルにはなっておいたほうが良いと思うから。

 

ということで、もうすぐ10歳になる娘には
①料理の習得でりんごの皮むきを教え始めたんです!

 

でもね、子どもが自発的に勉強するようになるには
親の背中をまずは見せないと・・・

 

ということで

 

↑オムライス(特大)

↑ペーパーハウス(私はスペイン語で観ている)

 

料理を頻繁に作ったり
海外ドラマを日本語無しで観てたりしております。

 

いや、ホンマ
時間が足りないですが
子どもたちの将来のためじゃけ頑張ろ・・・

 

あ、

 

今年はコロナが落ち着いて3月くらいから
子どもたちのための英会話教室を
開催予定です。

 

外国人と会話することに慣れるところから
始めますので乞うご期待!

 

また告知しますね。

 

以上

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top