お問い合わせはメールかLINEで

ホームページ・動画・チラシ・ニュースレターなど反響の出る販促物作ります

チラシの反響率を上げるためにまずやるべきこと

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

地方の中小零細企業の売上UPで日本を元気に!
地域集客コンサルタントの麦田です。

 

気付けば2月も半分過ぎましたね
早い早い

 

で、2月と言えば

 

バレンタインデー

 

ということで
そろそろ親離れを始めた娘がですね

 

友達にあげるチョコを作りたいから作り方を教えてください

なんて言い始めて

 

おっ!ええで~材料は買ってあげるし作り方は教えてあげるけど、自分で作るんで

ムギムギ

と私は答えました。

 

ということで、

 

材料を買いに行って
口を出すだけで、作業は手伝わないという約束で
ガトーショコラ作りを始めました。

 

 

ただですね、今回は

 

ガトーショコラの作り方を教えるだけじゃなくて

 

「50gの板チョコが何枚あったら300gになるか?」

 

など

 

算数の問題を盛り込みながら

 

「早く答えを出さないとチョコが溶けるで~」

 

と計算が遅い娘を追い込み
ケーキの手順を教えたので

 

算数が苦手な娘が途中で泣き出しまして途中離脱・・・

 

どうしたもんかと待っていたら
しばらくして

 

「泣いてすみませんでした。教えてください。」

 

と涙を堪えて復帰。

 

その後

 

なんとか算数の問題も乗り越え
ガトーショコラ15個を作り終えました。

 

 

なんか超厳しいパティシエの師弟関係みたいになりましたが

 

娘も料理(特にデザート)には
手順を覚えるだけでなく

 

算数も必要

 

と分かったようで
苦手な算数を克服しようと頑張り始めたみたいです。

 

普段はケーキ屋さんとかで400円くらいのケーキ
出来合いのものを買うことが多いですが

 

自分で作ってみるとですね、
学ぶことが多い。

 

時間はかかっても
これ400円以上の価値のあることです。

自分でやってみるからこそ分かることがある

 

さてさて、ケーキ作りにはレシピや手順を知っている以外に
算数の計算力も必要なんて話から入りましたが、

 

反響の出るチラシやホームページを作るにも
さまざまな力が必要になります。

 

一般的には
広告屋さんのデザイナーに
チラシ作ってください~と依頼されることが多いと思うんですが、

 

【反響の出る】

 

販促物を作るとなると
デザインができて道具が使える力だけではダメです。

 

他には

 

ターゲットとなるお客さんが
どのようなことを求めているか聞く力

 

ターゲットとなるお客さんに伝わる文章を書く力

 

ターゲットとなるお客さんに見つけてもらえるよう継続する力

 

などなど必要です。

 

私は、過去に
チラシやホームページをたくさん作ってきて思うんですが

 

きちんと成果を出す人と出せない商売のオーナーさんがおって

 

成果を出せないオーナーさんの共通点があるんですね。

 

その共通点とは

 

すべて人任せ

 

前述のとおり
”反響の出るもの”を作ろうとすると

 

ターゲットを決めて
その人がどのようなものを求めていて
その人に伝わりやすい言葉を考えないといけないわけです。

 

ターゲットが誰で、
どのような価値観を持っていて
どのような言葉に反応するか

 

そういった情報は

 

一番接客経験が多いであろう
商売のオーナーさんがおそらく一番持っています

 

なので、

 

ターゲットが誰で、
どのような価値観を持っていて
どのような言葉に反応するか

 

それらを考えようとせず
全て人任せにすると

 

必要な情報がチラシなどに反映されず
反響が出る可能性が少なくなります。

 

そ・こ・で

 

私がおすすめするのは

 

一度だけでも自作してみましょう!

 

ということです。

 

ワードでもエクセルでも
紙とペンでもなんでも良いです。

 

とりあえず自作してみましょう。

 

そうするとターゲットに伝えるべき情報が何か?
自分で考えるようになり

 

外注するにしても的確な指示が出せますよ!

 

きれいにデザインしたり
文章を伝わりやすく変えるのは人に任せるにしても

 

どんなお客さんに何を伝えるか?は
商売のオーナーさんが自分で考えるべき部分です。

 

なぜなら、
そこはあなたが商売している理由であり想いであり経営理念だから・・・

 

チラシは一度自分で作ると
自分の商売のことがよく分かりますよ。

 

以上

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top