お問い合わせはメールかLINEで

新規集客やリピート客を増やす方法お教えします。

楽器屋さんが生き残るための戦略とは?

WRITER
 
福山市ウッドベース弦
この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

私は趣味でベースを弾いておりまして

 

エレキベースも弾けば
ウッドベースも弾きます。

 

エレキベースはですね、
弦もわりと安価で4本セットで5,000円以内で
収まるんですが

 

ウッドベースって・・・

 

弦の価格が高いんです!

 

スピルコアベース弦安い

 

私が愛用している
スピロコア(安価なもの)でも
4本セットで2万円!

 

とまあまあ高いんですね~

 

そのため、家庭もあって
今度子供が小学校に上がる私みたいな
パパさんミュージシャンは

 

ウッドベースの弦の交換も
5年~10年に1回になってしまうわけで・・・

 

ということで

 

その5~10年に1回が
久々にやってきたので
福山楽器センターさんにて
弦の購入&交換をしてきました~。

 

弦を張り替えた後は音がギラつきます。
なんでしばらく弾きこまないと
音が安定しないんです。

 

でも、久々に弦を替えると嬉しくなっちゃいますね。

 

 

楽器業界は厳しい、でも生き残るには?

 

さてさて、このご時世
どんな業界も厳しいと言ってますが、

 

楽器業界もご多分に漏れず厳しいです。

 

なんせ、誰もが憧れるギターのスーパーブランドGibson社が
倒産の危機っていうくらいですからね。

 

僕らが小学生の頃は
バンドブームがあって
ギターやベースが飛ぶように売れた時期があって

 

僕らが高校・大学生のころは
路上で弾き語りブームや
ヴィジュアル系バンドが流行って
ギターやベースが飛ぶように売れた時期があったんですが、

 

もうですね、
ギターヒーローやバンドヒーローがおって
中高生が憧れて楽器を始める

 

っていうシステムが機能していないんでしょう。

 

だから楽器業界も厳しいんです!

 

じゃ、そんな中で
どうやったら楽器屋さんとして
生き残っていけるか?

 

と考えるとするなら
1つの答えにたどり着くでしょう。

 

楽器を始めた人が止めないようにすること

 

何らかのきっかけで楽器を始めた人が
挫折せず、続けることが出来たら
そのあとの安定した需要は見込めます。

 

なぜなら楽器には

 

弦の張替え
楽譜の購入
修理・調律
など

 

定期的に発生するメンテナンスがあるからなんです。

 

そういうもので、
定期的にきちんとつながっておくこと。

 

演奏者は
うまくなってくると
いい楽器が欲しくなります。

 

その時につながりがあると
楽器本体の大きな売り上げになるんですね~。

 

だから楽器屋さんが生き残るには
楽器を始めた人が止めないようにすること。

 

安売りで新規のお客さんを
かき集めるんじゃなくて

 

お客さんを育てること

 

なのです!

 

 

福山楽器センターにウッドベースの弦を買いに行こう!

 

ということで、

 

今回、福山楽器センターさんで
弦を買って、張替えまでお手伝いをしていただいたのは

 

社長のことを知っている

 

福山市ウッドベース

↑社長

 

だけではなくて

 

上に書いた
ミュージシャンを育てる活動
もしっかりされているからなんです。

 

例えばですね、

 

初心者向けの1万円クラスのギター、

 

ネット通販では
クッソ安く売っているんですが
そういうところは基本、売りっぱなしなんです。
後のメンテナンスは無しで使い捨て。

 

でも

 

こちらの福山楽器センターさんでは
楽器を使い捨てではなく、
きっちり修理もしてくれます。

 

なぜなら、
みんな初心者で
これから音楽を楽しんで上手くなっていく
っていうことを分かっているから。

 

こういう商売の姿勢を知っているから
私たちみたいな
おっさんミュージシャンは

 

次も頼むでしょうし

 

子どもたちが楽器を始めたいとなった時
間違いなくここで買うでしょうね~。

 

町の楽器屋さんが無くなったら
さみしいですからね。

 

しっかり応援しようね!

 

ということで、
福山で楽器のことでお困りの方は
福山楽器センターの社長を紹介しますんで

 

麦田までご一報くださいませ!

 

福山楽器センターのHPはこちらをクリック

 

この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top