お問い合わせはメールかLINEで

新規集客やリピート客を増やす方法お教えします。

広告?煽らない煽らない・・・

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

チラシやブログや動画で
個人事業主・スモールビジネスの
集客の仕組みを作ります!

 

地域集客コンサルタントの麦田です。

 

先日は車を2時間ほど走らせて
広島市内へ・・・・

 

とある住宅業界の人から
現在使っているチラシの添削と
新規でポスティングチラシ作成の依頼をいただいたので

 

ちょっくら行ってきました。

 

依頼内容としては

 

煽り【あおり】

 

をあんまり入れない住宅相談のチラシ。

 

最近煽りを入れた広告って反応がイマイチですからね。
よい選択だと思います。

 

さらに、

 

広島市には
チラシを作るだけの人ならいます
ポスティングをするだけの人もいます。

 

でも、

 

チラシを作ってポスティングして
効果を見てさらにチラシを改良して

 

その効果のデータを数字として持っている人は
おそらく広島県内でも数少ないと思います。

 

そんな私に頼んでくださったのも良い選択だと思います。
(自分で言うなて)

 

煽りを入れないで
きちんと反響が出るチラシをお作り致しますので
しばらく待っててくださいね~。

 

煽って不安な気持ちにさせるのは過去の手法

 

さて、広告の煽り【あおり】について

 

そもそも煽りとは

不安や挑発的に感情に訴えかけ購買意欲を掻き立てたり興味を持たせる言葉や行為のことです。

 

例えば

 

住宅業界の煽りで有名なキャッチコピーと言えば

 

「家はまだ買うな!」

 

これからマイホームを持とうと考えている人に
あえて逆の言葉を投げかけて不安にさせて相談に持ち込むとか・・・

 

ほかの業界で言えば

 

老後がどうのこうのと不安にさせるとか
(30年後の将来のことなんて誰もわからんのに)

 

残り数個など希少性を訴えるとか
早割り期間が後少しとか・・・
(実際、在庫もあるだろうし、腐るわけでもないのに早期購入したら安いとか煽りですね)

 

あとは、

 

同業他社を徹底的に悪にして
自分の会社(お店)は正義にするとかも煽りの一種でしょう。

 

これらの煽り広告って
最近あんまり反響が取れないなと肌で感じます。

 

なぜなら・・・

 

いろんな人がやりすぎて
みんなうんざりしちゃっているから。

 

あまりに煽りすぎて広告で盛りまくり
実物がイマイチだったり

 

詐欺的な情報商材でも
頻繁に使われてたり・・・。

 

だからですね、

 

私が最近チラシやホームページなどで
キャッチコピーを作るときは

 

見ている人を不安にさせるのではなく、

見ている人の悩みに寄り添ってあげる

 

ということを意識しております。

 

例えば、

 

なるべく否定形を使わないで肯定形

失敗しない、~できない⇒〇〇で成功するために、~したい方へとポジティブな表現に変える

注:読み手に希望を与えるような表現で望む将来をサポートできるようなイメージ

要するに広告で集客することは

 

 

私はこんなことできますよ~
〇〇という悩みを解決したい方は集まれ~

 

というメッセージを付けた旗を振ることだと思うんです。

 

そこに書いてあるメッセージが
ポジティブなものであればポジティブなお客さんが集まるし
ネガティブとか必要以上に不安を煽ったものであればネガティブなお客さんが集まりやすい

 

できればポジティブな人を集めたいですからね、

 

変なマニュアル本見て
不安を煽りまくったキャッチコピーで失敗しないようにしてください。

 

煽りまくるのはもう過去の手法なんですから・・・・。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top