お問い合わせはメールかLINEで

ホームページ・動画・チラシ・ニュースレターなど反響の出る販促物作ります

ライバルを真似して気付く、他社にあって自分に無いもの

WRITER
 
ライバル真似
この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

地方の中小零細企業の売上UPで日本を元気に!
地域集客コンサルタントの麦田です。

 

我が家では子どもたちは春休みに入りまして

 

仕事をしている隣では
子どもが勉強をしております。

 

というのも、
今年度はですね
コロナの濃厚接触者になって

 

学校を休む機会が多く
勉強もかなり遅れてしまっているので

 

子どもが必要な部分は
私が先生となって勉強を教えているんですね~。

 

しかしながら、
私も仕事をしていて
付きっきりで勉強を教えることができないので
利用しているのがこちら

↓  ↓  ↓  ↓

スタサプ

画像はこちらから:https://studysapuri.jp/

 

スタディサプリ略してスタサプです

 

スタサプとは スタディサプリ(旧名称:受験サプリ)、(略称:スタサプ)は、
リクルートホールディングスの子会社であるリクルートマーケティングパートナーズが運営しているインターネット予備校。
wikipediaより

 

このスタサプがとにかく優秀!

 

・一流の講師の授業が動画で見られる(しかも何度でも、再生スピードも変えられる)
・テキストをダウンロードしてプリントアウトできる
・算数や国語だけでなく社会や理科も受け放題

 

さらに親のメールアドレスに
子どもの学習状況がメールで届く!なんて機能もあって

 

月々2,178円!

 

ただ、デメリットもあって

 

スマホやパソコンを使いオンラインで見るので
ネット環境が無いとできないということと

あくまでも自習という形の勉強なので
学校や塾みたいに無理やり勉強させられないということ

 

しかしながらうちの子は
自主的に勉強できるのでその点は問題ないかと思います。

 

で、うちの子のスタサプを使ってみた感想は

 

学校の先生よりも授業が分かりやすいよね。

むすめ

 

なんて言っておりまして
スタサプを使うことは
なかなかコスパの良い勉強法でないかと思います。

 

先進的な学校では
スタサプを取り入れて生徒に学習させているとか
先生の板書が減って仕事の負担が減った

 

なんて成果が出ているらしく

 

今後の学校教育は

 

優秀な先生が動画で授業
⇒現場の先生は自主的に勉強できないとか授業についていけない生徒のサポート

 

みたいな流れになっていくでしょうなんて思います。

 

しかしながら、
何か新しい取り組みを取り入れるのが苦手な公立の学校ですからね

 

スタサプを取り入れるなんて
先生の仕事を奪うつもりかっ!

 

なんて意見が出てなかなか進まないんでしょうねぇ。

 

いやいや、ライバルの上手いところを取り入れて
成長していけばいいと思うんですけどね・・・

ライバルの力を認め、取り入れていく姿勢が大事

 

スタサプライバル

 

さてさて、学校はスタサプみたいな
”動画でうまく授業をする”というのを取り入れて
先生の仕事を効率化したらいいのにねぇ・・・

 

というところから

 

ライバルの力を認めてパクる

 

というお話につなげます。

 

商売をやっていると
競合(ライバル)は必ずいて

 

そのライバルの真似をしたら良いよ!

 

なんて私はアドバイスすることもあります。

 

しかしながら、「他社の真似をすることは恥である」といった価値観をお持ちの方もいて

 

なかなか先に進まないこともあります。

 

しかしながら、真似をすることは
メリットが多いので今回はそのことについて書いていきましょう!

 

ライバルの真似をする経営上のメリットは2つ

 

①ライバルにあって自分にないものを知れる
②自分で試行錯誤しなくても成功事例が知れる

 

です。

 

まずは①ライバルにあって自分にないものを知れるについて

 

もしライバル会社に自分のお客さんを取られている状況でしたらそれは、

 

【ライバルにはあって自分に無いもの「何か」】

 

があるということです。

 

地方で人口が少ない限られたっマーケットで
ライバルにお客さんを取られているということは
かなりまずい状況です。

 

しかし、そこでなぜお客さんが取られているのか?を分析せずに
経営を続けていては問題の解決にはなりません。

 

自社が勝利するためには

 

なぜライバルが選ばれるのか?
何がお客さんにとって魅力的なのか?

 

を徹底的に調べること!

 

そこで得た情報で
自社が真似できることは真似をして
問題の解決や業績UPにつなげることができます。

 

次に、②自分で試行錯誤しなくても成功事例が知れるについて

 

ライバル会社が成果を出している仕組みや取り組みを
自社に取り入れる(真似する)ことは

すでに完成されていることを
労なく手に入れられるということです

 

物事を成果まで導くのに
一番大変なのは0(ぜろ)を1(いち)にすること。

 

そんな無駄な労力をかけずに
人のやっていることや意見を取り入れ
真似したほうが効率が良くないでしょうか?

 

まとめ

 

ということで、
ライバルの力を認めて
真似する(パクる)ということはめちゃ大事!

 

ただ、パクることが
法律上や倫理上問題があるときは別です。

 

そうじゃない時には

 

先人の知恵を借りる

 

という気持ちで
変なプライドを持たずに真似させてもらいましょう!

 

と、こんな地方の中小零細企業が売上UPする秘訣をお伝えしております
メルマガに登録してくださいね!

 

売上UPメルマガ

 

以上最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Top