お問い合わせはメールかLINEで

新規集客やリピート客を増やす方法お教えします。

福山でカキフライ食べるならやっぱりかつ将!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

チラシやブログや動画で
個人事業主の集客の仕組みを作ります!

 

地域集客コンサルタントの麦田です。

 

いや~秋も深まってきまして
食べ物もおいしくなってきましたね。

 

ついつい食べ過ぎて
体重が気になるところですが

 

 

カキフライ食べてきました。

 

ここのお店は

 

福山市春日町にあります

 

かつ将

 

老舗のとんかつ屋さんです。

 

とんかつが美味しいのはもちろんのこと

 

今の時期は

 

カキフライが抜群にうまい!

 

普通のカキフライの
約1.5倍くらいの大きさはあろうかという
大粒の牡蠣カキフライ

 

毎年楽しみにしているんですよね。

 

私、牡蠣好きで
定食屋さんとか居酒屋さんで
カキフライがメニューにあれば
必ず頼みますが

 

おそらく福山でカキフライ食べるなら

 

ここが一番じゃないかと思います。

 

皆さん、ぜひ行ってみてくださいね。

 

お店情報

こだわりとんかつ かつ将

TEL 050-5590-6614

11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~22:00(L.O.21:30)

広島県福山市春日町1丁目1-47

 

「お客さんは誰?」を決めると企画や言葉が出てくる

さて、我が家は子供が小さいので
頻繁に外食することは無いんですが

 

それでもですね
3か月に1回は

 

みんなで外食に行こうか~

 

ってなることもありましてね。

 

その時に「かつ将」の名前は
必ず出てくるんです。

 

理由は

 

美味しいのはもちろん、

 

・子供が座っても広い座敷席がある
・食事後に子供用のおもちゃをくれるので子供が喜ぶ
・お子様ランチがある

 

などなど

 

ファミリー向けに作られているので
小さな子供がいても安心して食事ができるんですよね。

 

そして極めつけはこの額

 

↓   ↓  ↓   ↓

 

お子さんは散らかすことの名人です。
私たちも子供のころはそうでした。

テーブルの上や席の周りの汚れを
一切気になさらないでください。
私ども店の者がかたづけます。

私共の店に来た時くらい
ゆっくり召し上がってください。

お母さん!

 

この言葉があるのは
子連れでお店に行く
お父さんお母さんには
何よりのサービスです。

 

気が利いてるを越えて
感動すら覚えます。

 

こんな言葉はですね

 

「自分のお客さんは誰か?」

 

これをしっかり考えないと出てこない。

 

自分のお客さんは誰か?

 

そのお客さんに満足してもらって
リピートしてもらうためには・・・

 

なんて考えると

 

素敵な企画や言葉が
すんなり出てくるもんですよ。

 

かつ将、
ホンマいい店なので
商売やっとる人は
そういう視点で見てみると勉強になりますよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

直近のセミナーです

↓  ↓  ↓  ↓

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。
Top