お問い合わせはメールかLINEで

新規集客やリピート客を増やす方法お教えします。

誰でもイケてる接客ができるたった3つのポイント

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

地方の中小零細企業の売上UPで日本を元気に!
地域集客コンサルタントの麦田です。

 

今、月に1回福岡市で
Wordpressを使って
ホームページ&ブログを作る講座を開いていましてね、

 

毎月福岡に行くのを楽しみにしているんです。

 

福山市にはない都会的なものがあって

 

大きなデパートもたくさんある。

 

だから、

 

デパートのエスカレーターで一番上まで登って
下りながらいろいろ見て回るなんて楽しみにしている次第であります。

 

今回は博多駅を降りてすぐあるデパートであった

 

あ~やっちゃってるなぁ

 

でも、これを気を付けておくだけで
イケてる接客ができるなぁ・・・と学んだ話です。

 

😆

 

デパートをうろうろ見回っていると

 

「ストレッチ専門店」

 

なるものを発見したんです。

 

おぉ~整体エクササイズ系のお店もここまで来たかと・・・

 

いや、普通ストレッチって
お家で1人でするもんじゃというイメージがあるので

 

お金を払ってトレーナーを付けてストレッチなんてのは
自分の感覚からすると考えられなかったからです。

 

そこでですね、
店頭にプロモーションビデオが流れていたので
どんなもんかと見ていたら
中から20代くらいの若い兄ちゃん(お店の人)が出てきて話しかけてきました。

いらっしゃいませ。

お店の人

あ、どうも

むぎむぎ

こちらストレッチ専門店で最近オープンしたんですよ。骨盤とか悪くないですか?

お店の人

ええっ!骨盤ですか?骨盤?痛くもかゆくも無いけぇ、多分悪ぅないと思いますよ(広島弁)

むぎむぎ

いや、それは私たちが診ますので、今オープン記念で通常60分1万円のところ5,000円ですがよかったらいかがですか?

お店の人

60分のストレッチで5000円ですかぁ、ちょっと今時間ないのでまた・・・

むぎむぎ

実際、バスに乗らなきゃいけない時間まで
30分くらいしか無かったのでそそくさと逃げるように
その場を離れたんですが、

 

バス停に向かいながら

 

「あ~、やっちゃてるな」

 

と思っているわけなんですよ。

 

なにをやっちゃってるかというと

 

接客【せっきゃく】

 

やっちゃってると思いませんでしたか?

 

上のやり取りでやっちゃてるポイントは3つ

 

まずですね、ひとことめ「いらっしゃいませ」

 

「いらっしゃいませ」っていう言葉は返事のしようがない言葉なんですね

 

だから、「どうも」くらいしか返事のしようがないんです。
これじゃ、信頼関係を作るためのコミュニケーションは取れません。

 

せめて、「おはようございます」くらい言ってくれれば
「おはようございます」で返して、コミュニケーションを始められるんですけどね。

 

「やっちゃてるポイント」その②は

 

いきなり「骨盤悪いですか?」は無いですよね?

 

出産を経験している女性なら、

 

骨盤が開いているとか自覚があるかもしれませんが、

 

男性で骨盤を気にしていいる人はあまりいないでしょう・・・

 

それなのに「骨盤悪いですか?」という質問は意味が分からん上に

 

信頼を得るための
会話があんまり続かないですよね。

 

最後やっちゃてるポイントその③

 

相手を見て会話してない

 

私ですね、上の会話をしている時
アタッシュケースを持って
ジャケット着てたんですね(その後講師のお仕事なので)

 

で、わざと広島弁使いました。

 

気付くかなというメッセージを込めて。

 

広島弁使ってて
仕事で博多駅に来ている

 

⇒新幹線で長時間座っていた

 

なんて気付くかなと思って助け舟を出してみたんです。

 

もし、それに気いづいて

 

「今日はどちらから来られたんですか?
新幹線に長時間乗ってて少し腰に負担がかかっているかもしれないですね。

 

今体験で10分間1,000円でやっていますので
よかったら体を伸ばしていきませんか?
プロのストレッチって全然違いますから!」

 

なんて言葉がけをされていたら
私は確実に落ちていたでしょう。

 

ということで、ストレッチ店の店員さんとのやり取りで分かったことは

 

1、いらっしゃいませと言わない
2、相手に合わせた質問をする
3、相手をよく観察する

 

この3つでやっちゃてる接客ではなく
イケてる接客になります。

 

以上

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top