お問い合わせはメールかLINEで

新規集客やリピート客を増やす方法お教えします。

とんどに思う、コミュニティって大事

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

地方の中小零細企業の売上UPで日本を元気に!
地域集客コンサルタントの麦田です。

 

昨日は私の実家近所で
「とんど」でした。

 

「とんど」全国的にされている(と思う)ので
皆さんご存知かと思いますが、

 

都会の人は知らんじゃろうけぇ、説明を・・・。

 

 

とんどとは


1月14日の夜または1月15日の朝に、刈り取り跡の残る田などに長い竹を3、4本組んで立て、
そこにその年飾った門松や注連飾り、書き初めで書いた物を持ち寄って焼く。

その火で焼いた餅(三色団子、ヤマボウシの枝に刺した団子等地域によって違いがある)を食べる、
また、注連飾りなどの灰を持ち帰り自宅の周囲にまくとその年の病を除くと言われている。
また、書き初めを焼いた時に炎が高く上がると字が上達すると言われている。道祖神の祭りとされる地域が多い。wikipediaより

 

上の写真のような竹と藁で作った円錐状のものに

 

 

↑こうやって火を付けます。

 

灰も降るし、
竹が焼けて倒れてくるので
割と広い場所じゃないと近所から苦情が来るので

 

我が実家のような田舎や学校などのグラウンドじゃないと
なかなかできない行事なんですね。

 

 

↑最後はこうなって

 

 

↑残った火でお餅を焼いて食べます。外で食べるお餅は美味しんですよ。

 

 

↑田舎ではこうして近所の人たちが集まってとんどが開催されます。

 

我が実家の近所は頑張って開催されていますが

 

こうした近所の人たちが集まるお祭りも
少子高齢化でどんどん廃れていっているんです。

 

きっと10年後にはやる人がいなくなってしまうかなぁなんて思いつつ

 

こういうお祭りごとは地域コミュニティを守るために
やっぱりやっていかないとね・・・とも思います。

みんな何かしらのコミュニティに入っています

 

 

↑私、とんどでフライパンを焼きました(油汚れを炭化してきれいにするため)

 

さてさて、少子高齢化で
地域コミュニティは廃れていっていますが、

 

皆さん、人間なら何らかのコミュニティには属しているわけで・・・

 

会社だったり
経済団体だったり
趣味のサークルだったり

 

それも、1つだけでなく
2つ3つ掛け持ちしている人がほとんどだと思います。

 

これからの時代、
こうしたコミュニティが重要になってきます。

 

何にとって重要かというと

 

そりゃ商売にとってです。

 

買い物をしたくてもモノを選ぶのに情報が多すぎて選べない

 

そんな時代に、

 

同じコミュニティに属する人の推薦の言葉

 

これほど頼りになるものはありません。

 

なぜなら、
同じコミュニティに属するということは

 

趣味嗜好が似ていて、
ライフスタイルも自分に似ているから

 

失敗する可能性って少なそうじゃありません?

 

だからですね、

 

これからの時代の商売は
SEOやネット広告はもちろんやっておかないといけないけど、

 

自分の持っている商品を
好みそうなコミュニティの人にアクセスしておく

 

こんなことも必要かなと思います。

 

化学物質苦手そうな料理好きのコミュニティーに鉄のフライパンを
日本文化を大事にする右寄りコミュニティに着物を
自然好きママコミュニティに子連れで参加できるイベントを
などなど

 

自分の商品を好みそうなコミュニティってどんなんだろう?

 

ってアンテナを張っておきましょうね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top