お問い合わせはメールかLINEで

ホームページ・動画・チラシ・ニュースレターなど反響の出る販促物作ります 地方の中小零細企業の売上UPで日本を元気に!

リフォーム屋さんのニュースレター代行作成いたします!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

地方の中小零細企業の売上UPで日本を元気に!
地域集客コンサルタントの麦田です。

 

突然ですが、
皆様ニュースレターを発行していますか?

 

ニュースレターとは

自社で発行する既存客様向けのお手紙のことで
毎月定期的に発行するとすごく商売にプラスになるものです。

 

ニュースレター代行リフォーム会社

↑只今、リフォーム業のクライアントさんのニュースレターを作成中

 

シュウキャクムギムギでは、着物屋さんや弁当屋さん、ハウスメーカーなど
いろいろな業種のニュースレターの作成をお手伝いしていることもありまして、

 

既存客様にニュースレターをお出しすることで
売上UPや信頼獲得につながった事例が多くございます。

 

その中でも、

 

リフォーム屋さん

 

のニュースレターに関しては
かなりの成果がございました。

 

ということで、今回は
リフォーム屋さんのニュースレターで成果を上げたポイントをお伝えしていきます。

リフォーム屋さんがニュースレターで成果を出すための3つのポイント!

福山市ニュースレター制作

 

ニュースレターはとにかく既存客に出せば良いのか?と言えばそうでもなくて

 

載せる内容など
成果を出すために必要なポイントがございます。
そのポイントは3つ

 

①内容を読み手に合わせたものにすること
②近所の異業種を巻き込むこと
③読者とコミュニケーションを取れるようにすること

 

こちら3つです。

 

では詳しく説明していきます。

 

①内容を読み手に合わせたものにすること

 

リフォーム店のお客様の多くは
持ち家が古くなっている人で
年齢的には55歳~75歳くらいの人が多いです。

そのような年齢の方が興味関心を持つことってどんなことでしょうか?

 

考えられるものとして

 

・リフォーム事例(家に関して同じような悩みを持っている)
・家のメンテナンス法(家のプロがお伝えすること)
・生活お役立ち情報(相続などの生活関連やお料理レシピなど)
・近所の飲食店情報(グルメ系は世代問わず人気)
・担当者の個人的なこと(趣味とか家族のこととか)
・イベントの告知・報告(賑わっている会社感を出すため)

などなど

 

売りこみや自社商品の宣伝を入れないほうが
読まれた方の反応が良いです。

 

もし、売りたい商品があって告知したいのなら
同じ封筒の中にチラシを別で作って入れてください。

 

ニュースレターや同封するチラシは
透明の封筒に入れて
中身が何かを外からきちんと確認できるものが開封率が高いです。

 

 

 

②近所の異業種を巻き込むこと

 

「うちのニュースレターで、あなたのお店(会社)を紹介したいので取材に行っても良いですか?」

 

と言われて、「ダメです」と答える人はほぼいないでしょう。

 

近所の異業種の人を、自分のニュースレターで紹介することで、

 

・読者に近所の異業種の人を宣伝できる
・異業種の人もお客さんが来てくれたらうれしい
・異業種の人が仕事を依頼してくれたり、お客さんを紹介してくれたりする
・異業種の人と仲良くなれる

などなど

 

人を応援することで
自分を知ってもらえる
応援してくれる仲間ができる

 

そして、読者さんにも情報を得られるというメリットがある

 

近所の異業種をニュースレターで紹介することで
Win-Win-Winの関係を作ることができるんです。

 

③読者とコミュニケーションを取れるようにすること

 

ニュースレターを出して成功するためには
情報を一方通行するだけでは不十分です。

 

読者から何らかのアクションが
情報を出す側に返ってくるようにする工夫が必要です。

 

例えば、
ニュースレターの感想をFAXやメールで頂いたり
プレゼント企画でハガキを返信していただいたりすることが考えられます。

 

最近では

 

LINE公式アカウントを使った方法もございます。

 

LINEのビジネスで使えるツール「LINE公式アカウント」の中に
抽選機能が付いているのをご存じですか?

 

これを使ってプレゼント企画を立てて
ニュースレターに載せるんです。

 

実際にニュースレターを使った
LINE抽選会の例として

 

〇〇リフォームのお客様限定LINE抽選会!
〇月×日に当社のLINEにご登録いただいている皆様に
一斉にメッセージをお送りします!

 

高級焼肉セットとが当たる抽選会にご参加できますので
皆様、ぜひ当社のLINE友達になってくださいね!

 

といった感じで

 

LINE公式アカウントへの登録方法と
高級焼肉セットの美味しそうな写真をニュースレターに載せます。

 

そうするとですね、

 

お客様は抽選ボタンを押すという形で
手軽に抽選に参加できますし(当たったらラッキー)

 

お店側としては、LINEに登録してもらえて
以後の情報発信や問い合わせ対応も楽になる

 

それから前述した②の近所の異業種を巻き込むにもつながりますが

 

プレゼント品を近所のお世話になっているお店とか
商売をされているお客さんの中から買ってあげるとその人たちも喜ぶ

 

なんて、好循環が生まれます。

 

ニュースレターにLINEを使った抽選会をすることで
自社もうれしい、お客さんもうれしい、プレゼント品を紹介されたお店もうれしい
ということなんですね。

 

さらには、

 

LINEに登録してくださった方が
ニュースレターをお送りした後

 

リフォームのお見積りが
LINEで写真や動画のやり取りになったり

 

工事後の振込先のやり取りが
LINEになるなど業務効率化にもつながりました!

まとめ

 

①内容を読み手に合わせたものにすること
②近所の異業種を巻き込むこと
③読者とコミュニケーションを取れるようにすること

 

これら3つのポイントを押さえて
既存客様にお送りすれば
リピーターに繋がり、顧客流出も防げるニュースレター。

 

ただ、注意していただきたいのは成果を出すためには

 

定期的に発行して継続することは必須です

 

皆さんなかなか継続が難しいから
継続した人は生き残れるんです。

 

自社スタッフだけじゃなかなか継続が難しいな・・・

 

という方は一度、シュウキャクムギムギまでご相談くださいませ!

 

その前に・・・・

 

今回ご紹介させていただいた
リフォーム屋さんのニュースレターが見てみたい!

 

という方は

 

30分の無料ZOOM相談でお見せ致しますので
下記メールフォームから「リフォームのニュースレター」とお問い合わせくださいませ。

 

     

    合わせてこちらもお読みください

    ↓  ↓  ↓  ↓

     

    リフォーム業をはじめ
    地方の中小企業が売上UPするメルマガにご登録ください

    ↓  ↓  ↓  ↓

    リフォームニュースレター

     

    この記事を書いている人 - WRITER -
    地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

    - Comments -

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    Top