2018/01/10

好きになるには知ることから

 

この記事を書いている人 - WRITER -
広島県福山市を中心に活動する個人事業主・スモールビジネス向け集客コンサルタント。チラシポスティング・ブログ・動画・SNSの活用法などできるだけお金をかけない集客方法をお伝えすることを使命としている。趣味は楽器演奏と料理と家庭菜園。

個人事業主・スモールビジネス専門
地域集客コンサルタントの麦田です。

 

長い長い正月休みが終わって
明日からお仕事の人もいるはず・・・

 

しかしながら
私の周りはほとんどが
会社を経営してたり、
自営業なので

 

正月休みは
ほとんど無い人が多いですねぇ。

 

12連休とか社員さんに
与えられることができる会社の社長って
どんだけ優秀なんじゃろうかと思います。

 

それか、
休んでても収入が入ってくる仕組みがあるんでしょうねぇ
うらやましいなぁ・・・。

 

さて今日は私

福山城におりました!

 

というのも

 

クライアントさん主催のイベントに
出ておりまして

 

着物を着てイベントに参加しておりました。

 

こちらのイベント参加は
毎年のことなので
着物も一人で着られるようになりまして

 

恐らく平均的な日本人男性よりは
着物のことをよく知っていると自負しております。

 

ではなぜこうしてイベントに参加するのか?

 

と言いますと、

 

どっぷりとその世界に浸かってみて
商品が持つ世界観を体感して
より深く知るためです。

 

なぜ深く知る必要があるのか?

 

それは、

 

好きになるためです!

 

好きはいいのですが、

 

「嫌い」とか負の感情を持っていることは
大概、その事柄、モノについて知らない場合が大半です。

 

例えば

 

あの人嫌い

 

という場合

 

嫌いな部分だけ知って
好きな部分を知らずに
勝手に嫌っている

 

ってことが多くないですか?

 

つまり、

 

好きになるのも
嫌いになるのも

 

知ることから始まる

 

ということです。

 

そのうえで
好きになったら
そりゃもう無敵です。

 

商品が好き
サービスが好き
理念が好き

などなど

 

本当に好きという感情を持って
売っている営業マンは

マーケティング手法・テクニックなんぞ無くても
勝手に売れていきます。

 

好きで売っている人には勝てません。

 

だからですね、
好きになるために
知る必要があるんです。

 

ただ、私の場合は
単なる好きだけじゃなく

 

好きなことをうまく言葉に説明しないといけません。
なぜなら、魅力を伝わるように伝えないといけないから・・・。

 

ということで

 

知らないと好きになれない
好きなことをうまく説明できない

 

という話でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
広島県福山市を中心に活動する個人事業主・スモールビジネス向け集客コンサルタント。チラシポスティング・ブログ・動画・SNSの活用法などできるだけお金をかけない集客方法をお伝えすることを使命としている。趣味は楽器演奏と料理と家庭菜園。
 
Top