お問い合わせはメールかLINEで

新規集客やリピート客を増やす方法お教えします。

外国語の勉強は、接客・営業でも役立つよ!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

小さなお店や会社
”こうやったら売れる”をお伝えしております。
地域集客コンサルタントの麦田です。

 

5月も終盤、
2020年の東京オリンピック開幕までに
あと421日となっております。

 

ということで、私の住んでいる福山市でも
オリンピック関係の動きがありまして、

 

先週から、
フェンシングとバドミントンのメキシコ選手団が
福山市で合宿をされていたんですね。

 

その関係で
私はボランティア通訳で
5回ほど参加させていただきました!

 

ええ、ちょとだけスペイン語しゃべれるんです。
17年前にキューバに短期留学していて
その時勉強した言葉を今でも少し覚えているんです。

 

その時の様子を少しだけ公開(いろいろ問題があってはいけないので写真をボカしてます)

 

 

↑宮島と平和公園に同行、ラテン系の人達は時間配分がですね・・・・でした。

 

 

↑小学校に訪問

 

↑小学生にサイン攻めにあう選手たち

 

↑お友達の娘さんがいたので写真を撮ってあげた(役得)

 

 

↑最終日は焼肉屋さんで送別会

 

こんな感じでつたない通訳で選手たちにも
迷惑をかけましたが、私としては楽しめました!

 

関りが出来て、
メキシコの選手にはメダルを撮って欲しいなぁと思いましたし
オリンピックの楽しみが増えましたねぇ~。

少ない単語でコミュニケーションのトレーニング

 

さて、外国語でコミュニケーションを取ることは
母国語での会話のトレーニングにもなるというお話です。

 

日本語が分からない外国人と会話をして
何か目的を達成するためには
ある程度の単語を知らないといけないわけです。

 

よく、「ジャスチャーでどうにかなる」なんて人もいますが
ちょっと複雑な会話となるとジャスチャーではどうにもなりません。

 

例えば

 

「尊敬するプレイヤーは?どんなポイントを尊敬しますか?」

 

なんて質問をジャスチャーでするのは
かなりの労力がいることは分かるでしょう。

 

だから、コミュニケーションを取るためには
ある程度の数の単語を知っておかないといけません。

 

ただ、単語をたくさん知っていれば
良質なコミュニケーションが取れるとは限らないんです。
もう1つ必要な力があります。

 

良質なコミュニケーションを取るために必要な力、
それは・・・

 

質問力!

 

例えば、

 

「ところで2人は恋人同士なの?」
「そうです。1年前に結婚して子供もいます」
「そうなん、私も3人子供がいます。子供はメキシコにいるの?」
「そうそう。お兄ちゃんに見てもらってる」
「2週間会えないとさみしいね、子供の写真を見せあいっこしようよ。」

・・・

 

といった形で
相手との会話の中から
自分との共通点を見つけて

 

その土俵で会話を広げていく。

 

上の会話で使ったのは

 

簡単な質問パターンと
子育ての知識。

 

これが出来てくるとですね、
単語力が少なくても

 

そのことに関する知識と
少ない単語の組み合わせでコミュニケーションが取れる。

 

 

なので、

 

質問のパターンをいくつか覚えておいて
あとは相手の話を引き出して会話を続ければ、
おのずと自分の単語も増えていくということなんですね!

 

あ、でもっこれって

 

母国語の会話でも言えるんです。

 

日本人同士でも
会話の続かない人って結構いますよね。

 

そういう人ってやっぱり質問下手。

 

母国語で会話が続かない人は
どんなに外国語の単語を覚えても
良質なコミュニケーションは取れないですからね。

 

相手に興味を持って
聞いてほしいだろう質問に
簡単な言葉で質問する!

 

これって接客や営業でも一緒ですよ!

 

だからですね、
外国語を少し勉強して
外国人と会話することは

 

日本人と日本語でコミュニケーション取るにも
すごく役立ちますよ!

 

以上

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top