テストマーケティングをしようね!

昨日は岡山セミナーを終えて
ちょっとひと段落
かと思いきや

 

今週中に締め切りのチラシ作成が2件ある・・・。

 

うん、やんなきゃね。
目の前の仕事できちんと成果を上げ続けることが
私の仕事を加速させる唯一の方法です。

 

だから、頑張りつつも楽しみながら
しっかり反響の出るもの作ります。

 

でもそろそろ
デザイナーに外注するか
スタッフを雇わなきゃだなぁ・・・。

 

と思いつつ
パソコンでチクチクと作っています。

チラシは大量発信の前に必ずテストすること!

最近じゃ、
効果あるんかなぁどうかなぁ・・・
と私も疑問を持っている集客方法がありまして

 

それは

 

新聞折り込みチラシ

 

発行部数の減少
つまり
新聞を取っている人が減っている現在

 

新聞折り込みってそんなに有効じゃないんですよ。

 

高齢者対象なら
まだ分らんでもないですが、

 

20代30代を対象にした
新聞折り込みチラシの
反響って絶望的かな・・・

 

なんて思うんです。

 

それでもですね
ちょっと試してみたいという方もいらっしゃるので

 

まぁそれでしたら
ということで

 

一番痛手が少なそうな方法で試すことがあります。

 

方法としては
必ずテストマーケティングすること

 

まずは3000枚

 

対象者が住んでいそうなお家にポスティングしてみる

 

ここである程度反響があるなら
折り込みに移行しても良いでしょう。

 

反響が無いなら

 

チラシを改善
商品を改善

 

どちらかなので
一生懸命考えて改善して
またポスティングしてみます。

 

次に、いざ新聞に折り込みとなると

 

1万枚くらいで様子を見る。

 

今現在
新聞を取っている人が少ないので

 

1万枚となると
結構広範囲で配れます。

 

もしそれで反響があれば
万々歳です!

 

反響が無ければそれは

 

チラシが悪いのではなく
折り込み回数が少ないのではなく
撒いている枚数が少ないのではなく

 

ただ単純に

 

対象者に情報が届いていないんです!

 

簡単に言うと
魚が全くいない池に
釣り糸を垂らしているということ。

 

それならもう諦めて、
Webに力を入れたほうがいい。

 

折り込みチラシが習慣になっていると
いざ辞めるにやめられないなんてこともあります。

 

でもですね
時代は変わっています。

 

自分の商売の対象者が
どんな方法で情報を取っているか?

 

それをきちんと想像して
小さいところから
テストマーケティングしてみましょう。

 

いきなりウン十万を広告費に突っ込む前に
まずは試すことです。

 

気になる方はご相談くださいませ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です