お問い合わせはメールかLINEで

新規集客やリピート客を増やす方法お教えします。

値上げしないようにしようと思ったら農薬を使わないといけないときもある

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

地方の中小零細企業の売上UPで日本を元気に!

 

地域集客コンサルタントの麦田です。

 

私が運営しております
結構広い家庭菜園「むぎむぎファーム」の話題です。

 

しばらく雨が続いて
畑をやっている身としては
恵みの雨だったんですが

 

長い雨が続くとやはり・・・

 

 

雑草

 

草むしりが大変なわけです。

 

でね、枝豆の畝を草むしりしていたところ

 

 

カメムシが大量発生です

 

過去に無いくらい
今年は異常にカメムシが多いです。

 

調べてみると
昨年の冬は暖冬で
多くのカメムシの成虫が越冬できたからだそうな・・・

 

都会の人は知らんかもしれんけど

 

カメムシは危害を加えると
とんでもない匂いを発します。

 

だからあまり近寄りたくないんですが

 

カメムシを放置しておくと
枝豆の汁を吸って豆がまずくなるし
さらには収穫まで育たない場合もあります。

 

 

今まで無農薬でやっていましたが
さすがに数が多すぎるので
今年は農薬でカメムシを撃退せないかんかなぁと思います。

 

カメムシの被害は各地で出ていて
農産物に大きく被害を与えています。

 

こりゃ夏野菜の高騰があるかもねぇ・・・なんて思います。

 

住みにくい世の中になったなこりゃ。

 

 

コロナで値上げ、妥協しないといけないこともある

 

さてさて、野菜は虫や天候不良で
収穫が減って値上げかも・・・と予想されますが

 

今はこれもありますね

 

コロナ値上げ!

 

約3か月自粛が続いたことにより

 

落ちた売上を補填するため
輸入ができなかったため

 

値上げ

 

バナナやら飲食店やら
結構値上げされているところも多いですね。

 

じゃ、ワシらも値上げじゃ!

 

といきたいところですが

 

値上げしたらお客さんも減るだろうし
なかなかそれも難しいかもしれません。

 

安さで売っていたようなところは特に・・・。

 

消費者としても
コロナで収入が下がったのに
物価が上がったらたまったもんじゃありませんからね・・・

 

じゃ、商売をやっている人は
値上げか据え置きかどうすりゃよいか?

 

難しいところですが、

 

私が考えるには・・・

 

値上げか据え置きか
どちらかを選択したのか明確にすること

 

そして、お客さんに選択してもらうことだと思います。

 

というのも、

 

消費者で

 

今までは安全性や
国産とか原料にこだわったものを

 

少々高くても
選択していた人がいたとしましょう

 

でも、そういう人でも
収入減で値上げラッシュの
ダブルパンチが来たなら

 

クオリティを下げても
最低限のニーズを満たせるものなら

 

比較的安いものを選択する

 

っていう層も出てくるんですね。

 

少々高くても安全でクオリティの高いものを選択

VS

 

最低限のニードを満たせるなら
比較的安いものを選択する

 

商売をしている人なら
どちらの層に向けてやるか?

つまり

 

どちらの層に向けた発信をしていくのか?

 

が重要になってきます。

 

それは

 

原材料が高騰する中で

 

なぜ値段据え置きできるのか?
なぜ値上げするのか?

 

お伝えしていくことにもつながります。

 

こんなに世の中が混沌としていたら
一時的にでも野菜に農薬を使ったり
妥協しないといけないこともあります。

 

難しい選択なこともありますが
きちんと値段据え置きの理由、安売りできている理由
お伝えしなきゃいけないですね。

以上

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top