お問い合わせはメールかLINEで

ホームページ・動画・チラシ・ニュースレターなど反響の出る販促物作ります

成果が出なくても成果の種が残っていることもある

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

地方の中小零細企業の売上UPで日本を元気に!
地域集客コンサルタントの麦田です。

 

先日の大雨から1週間、
なかなか忙しくしておりました。

 

というのも・・・

 

私が運営するちょっと広い自家菜園
ムギムギファーム

 

伸びきった雑草を処理したり
大雨でダメになったズッキーニを処理したり

 

枝豆黒豆

 

大雨で倒れてしまった枝豆を立てたり
とにかく大きな雨が来ると畑はすることがたくさんあります。

 

上の写真は

 

丹波の黒豆

 

高級豆なんですが、
雨で根元部分が柔らかくなって
倒れてしまうんですね。

 

だから土を盛ってまっすぐ立ててあげます。

 

そうすることによって豆がなった時に、
豆が土まみれになって収穫が大変になるのを防ぎます。

 

丹波の黒豆

 

倒れた枝豆を立ててあげると葉っぱが横になっていて妙な形ですが、

 

これが太陽に当たってしばらくすると
シャキッと葉っぱも上を向いて立ってくれます。

 

黒豆枝豆

↑1日経ってシャキッとなった枝豆

 

これで安心安心。

 

しかしながら、ムギムギファームの丹波の黒豆、

 

今年は葉と茎が大きすぎる

 

枝豆ってほとんど肥料が必要ない瘦せた土地のほうが
実が大きくなって、美味しいんです。

 

だから肥料は全くあげないんですが、

 

この枝豆の前に植えていた
ジャガイモの肥料が残っていたのかな・・・

 

今年は葉と茎が妙に大きい

 

こうなると、
葉と茎ばっかり大きくなって
実をつけないことがあるので
10月くらいまで水をしっかりあげて見守るのみです。

 

畑の栄養が残っていないほうが
作物にとって良いこともあるんですね~。

成果が出ていなくても記憶に残っていることがある

 

黒豆

 

さてさて、畑に肥料が残っているというところから話を繋げます。

 

作物を育てるために肥料を撒いたけど
あんまり作物が育たず、次に植えた作物に肥料が効いて大きくなる

 

なんてことが畑の世界ではよくあります。

 

これって集客の世界でもあるんです。

 

例えばですね、

 

ある地域に集客のためのポスティングを頑張ったんですが、
全く反響が無かった・・・

 

しかし、

 

めげずにもう一回配ったら反響がめちゃくちゃ来た。

 

なんて事例は腐るほどあります。

 

それって何が原因かというと、

 

1回目にチラシを撒いたときは
天気が悪かったり、コロナで外出が難しかったり

 

人々の気分や外的要因によって
反響が出なかったけれども

 

人々の記憶には残っていた

 

それが、2回目のポスティングの時に
ちょうどそういった外的要因が少なくなり
人々に行動を促した。

 

ということが考えられます。

 

だからですね、

 

1回販促活動に失敗したからと言って諦めないこと

 

来店とか購入とか成果に繋がらなかったとしても
お店のことが人々の記憶に残ってることがあります。

 

その記憶が成果の種となって
再び情報をお届けすると

 

「あ、忘れてたけど行かなきゃ」

 

と思って行動に移してくれることがありますよ!

 

チラシやブログやSNSでの告知、
1回やって失敗したからと言って諦めていませんか?

 

成果の種ってなかなか目には見えないですが、

 

2,3回やって成功することもありますからね、
諦めないくじけないで頑張っていきましょう!

 

以上

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top