お問い合わせはメールかLINEで

ホームページ・動画・チラシ・ニュースレターなど反響の出る販促物作ります 地方の中小零細企業の売上UPで日本を元気に!

高く売る方法は情報を乗せて価値を伝えること

WRITER
 
商品を高く売る方法
この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

私が運営しておりますちょっと広い家庭菜園
むぎむぎファームも秋の深まりを感じるようになりました。

 

毎年この時期になると
こちらのお野菜

 

価格を高くする方法

↑何か分かるかな?

 

こちらはジャガイモの芽です。

 

ジャガイモは1つの種イモから
何個も芽が出ます。

 

そのまま育てると
栄養が分散して、1個1個のジャガイモが小さくなるので

 

何本も出ている芽を引っこ抜いて1本にして
その周辺に土を盛るんですね。

 

価格を高くする方法

 

土を盛るのは
大きくなったジャガイモが
太陽に当たって青くなるのを防ぐため。

 

太陽に当たって青くなったジャガイモを食べると
お腹が痛くなるのでしっかり土を盛ります。

 

むぎむぎファームももう11年・・・

 

春じゃがと秋じゃがを植えるので
22回こんなルーティーンをしております。

 

22回もこんなことやっておりますと
それなりにノウハウも蓄積してきまして
大きくておいしいジャガイモを作れるようになってきました。

 

11月にジャガイモが収穫出来たら
クライアントさんにも差し上げますので
楽しみに待っていてくださいね!

 

高くりたきゃ情報を乗せて伝える努力をするべし!

高く売る方法

 

さて、こうして野菜などを作っておりますと、
『無農薬野菜や果物(を使った商品)を高く売りたいんです!』
といったご相談を受けることもございます。

 

私としても、畑をやっているので
農家さんの気持ちもよくわかる。

 

なので、相談に乗るんですが、

 

無農薬野菜(果物)って
なかなか高く売るのは難しい商品なんです。

 

なぜかというと

 

例えば1kgを例にとると

 

慣行農法で作られたジャガイモ1kg 400円
無農薬で作られたジャガイモ1kg 800円

 

としましょう。

 

スーパーで横並びになっていたら
あなたならどちらを買いますか?

 

物価が上がっていて
野菜だけでなく肉や野菜も値上がりしている現在、

 

じゃがいも1キロで800円は出せねえよなぁ・・・

 

と思うでしょう。一般庶民は。

 

味だって、慣行農法で作られたジャガイモより
2倍美味しいわけではないですし。

 

しかし、しかし!
それでも高く売りたい!

 

と言う場合にはどうしたらいいか?

 

それは

 

情報を乗せて買う人に伝えることです

 

例えば

 

・ジャガイモを美味しくするためにこんな工夫しています(科学的根拠があると良い)
・〇〇さんの畑はジャガイモ作りに適した土です
・毎日愛情を注ぎ手間暇をかけて育てています
・ちょっと珍しい品種で、肉じゃがにすると抜群においしいです
・〇〇さんのジャガイモ作りに掛ける情熱が半端ないです

などなど

 

これらの情報を事前にお伝えすることで買い手としては

 

あ~、そういうことだったら
この値段でもしょうがないよね

 

と思ってもらえるでしょう。

 

単純に高いだけだったら
1回食べたら『ああこんなもんか』で
リピートに繋がらないかもしれませんが、

 

事前にストーリーを乗せた情報を伝えて
1回食べてもらうと

 

なるほど、だからこの味なのね!

 

納得してもらえます。

 

世の中の高級品と呼ばれるものは

 

通常の価格のものに比べて

 

素材を5倍使っているわけではなく
5倍美味しいわけでもなく
5倍手間をかけているわけでもない

 

けれども

 

5倍満足感があったりするんです。

 

そこの違いは何か?

 

お店の雰囲気
作り手の情報やストーリー
ラッピング

 

などの情報を乗せて伝えているだけの違いだったりします。

 

つまりどういうことかと言うと

 

情報=価値

 

ということです。

 

だから、高く売りたかったら
お客さんが納得する情報を伝えればそれが可能になるということです。

 

自分の商品には
どんな情報が乗せられますか?

 

以上

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Top