”誰に?”が決まらんと何を言っていいかわからない

 

この記事を書いている人 - WRITER -
広島県福山市を中心に活動する個人事業主・スモールビジネス向け集客コンサルタント。チラシポスティング・ブログ・動画・SNSの活用法などできるだけお金をかけない集客方法をお伝えすることを使命としている。趣味は楽器演奏と料理と家庭菜園。

先日ですね、

 

「ホームページとかブログの作り方を教えてください!」

 

という依頼がありまして
マンツーマンでレッスンし始めたんです。

 

個別のホームページ作成教室です。

 

最初に依頼者の方に

 

①自分の会社の名前で検索されたら出てくる
とりあえず置いておくホームページ

 

②自分の会社以外の言葉で検索されても
上位に出てくるホームページ

 

どちらがいいですか?

 

という質問をしたら
②自分の会社以外の言葉でも・・・

 

だったので
かなりみっちりコースになりそうです。

 

なぜなら、

 

相当な量の仕込みが必要になるから!

 

 

意図して検索上位になるためには

 

・他社のホームページの分析
・他社のホームページの言葉の抽出

 

などライバルになりそうなホームページの分析から始まりまして

 

そして

 

誰に
何を

 

をしっかり決めていかないといけないです。

 

誰に
何を
ホームページでお伝えするか?

 

を考えないと
反響のあるホームページなんてできません。

 

特に

 

誰に

 

の部分が決まっていないと

 

言葉も出てこないですし
ホームページのレイアウトや
色、構成などなど

 

ありとあらゆるものが
始まりません。

 

誰に?というのは
自分のお客さんは誰か?ということ。

 

ここですね、

 

こんな人で顧客リストが一杯になったら
俺って超幸せ

 

とか

 

実際のNo1顧客の人

 

なんかを設定して
考えてみるといいですよ。

 

誰にの

 

仕込みをしないから
反響が取れない

 

逆に言ったら

 

そこの仕込みができていれば
その後がスムーズです。

 

これは

 

チラシや名刺なんかの紙媒体や
ブログでも一緒です。

 

頑張ってホームページ作りましょうね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
広島県福山市を中心に活動する個人事業主・スモールビジネス向け集客コンサルタント。チラシポスティング・ブログ・動画・SNSの活用法などできるだけお金をかけない集客方法をお伝えすることを使命としている。趣味は楽器演奏と料理と家庭菜園。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top