お問い合わせはメールかLINEで

新規集客やリピート客を増やす方法お教えします。

二郎系に思う顧客を絞る大切さ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

この前、ちょっと岡山に行ってた時の話。

 

用事を終えて
道を歩いていると

 

ラーメン屋さんがあって
ひっきりなしに人が入っている。

 

きっと
流行っている店なんだろうな
と思いつつ

 

あんまり岡山に来ることもないから

 

とフラッと入ってみることに・・・。

 

食券を買い
席に座ると
女性店員さんがひと言

 

ニンニク入れますか?
野菜はどうしますか?

 

このオーダーの仕方は
ひょっとすると・・・・

 

でたっ!

 

二郎系!!

 

二郎系とは? 三田に本店のある「ラーメン二郎」とその支店やインスパイア系の店。脂っこくて濃い目の豚骨醤油に大量の極太麺が沈み、豚と大量の野菜が乗る。中毒性のある味で、熱狂的なファンが多く、ジロリアンと呼ばれている。PLAYLIFE より

 

私は食べきれないので
野菜は普通盛です。
オーダーで山盛りにできます。

 

二郎系信者⇒ジロリアンの方には
申し訳ないのですが、

 

私、苦手です。二郎系・・・・。
(二郎系と知っていたら入らなかった)

 

理由は

 

野菜が多いのは良いのですが
スープの味が薄くなるので
異常に濃い味のスープ
そして化学調味料

 

チャーシューも
分厚くてボリュームありすぎて・・・

 

食べるのに体力がいるので
苦手なんですね。

きちんと顧客を絞っているから流行る

しかしながら
多くの客が出入りしている

 

なぜ流行っているのだろうか?
と考えてみた。

 

おそらく理由はこうだろう。

 

ある一定の層が喜ぶ
ラーメンにしている

 

そう、
マーケティング用語でいうところのセグメント
顧客を絞ってラーメンを提供しているから!

 

ちなみに
二郎系ラーメンの発祥
ラーメンニ郎三田本店
ってどこにあるかご存知ですか?

 

こちらなんです↓

はい。
慶応大学のすぐそばです。

 

つまりですね
腹をすかせた大学生に
支持されるよう作られているラーメンなんですね。

 

お金が無いから
少ない金額で

 

お腹いっぱいになって
野菜をいっぱい採れて
ニンニクの刺激いっぱいで
塩辛くて

 

そういうの好きじゃないですか?
学生さんって!

 

完璧に対象を絞って
学生に受けるような個性のラーメンにされているんです。

 

これが、
醤油ラーメンの味の薄い上品な味わいだったら
全然流行らなかったでしょうねぇ。

 

たくさんの人に買って欲しいから
万人受けの商品を作ろうとすると
商品のコンセプトがあいまいになり
逆に誰も買わないものになる。

 

大衆食のラーメンでさえ
顧客の対象を絞る必要があるんですねっ!

 

と、大量のもやしと野菜に埋もれた
麺をすすりながら思いました。

 

きっと私が大学生だったら
大好物になったんだろうなぁ
二郎系ラーメン・・・。

 

大人になって味覚も洗練されたのかもしれんけど
ちょっと寂しい気もする38歳でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Top