お問い合わせはメールかLINEで

ホームページ・動画・チラシ・ニュースレターなど反響の出る販促物作ります

紹介営業の3つのコツ 紹介したい人になる

WRITER
 
紹介営業コツ
この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

地方の中小零細企業の売上UPで日本を元気に!
地域集客コンサルタントの麦田です。

 

福山市のような人口40万人くらい
地方都市で商売をしておりますと

 

紹介営業【しょうかいえいぎょう】

 

これは強力な集客チャンネルであります。

 

なぜなら、地方の中小零細企業の社長さんは
まだまだ人と人とのつながりを大事にしている人も多いから・・

 

私もここ近年はコロナの影響で
紹介よりはWeb集客を軸足にしていますが、

 

やはりまだまだいろいろな方に紹介いただけて
その後ビジネスの話になったりしてかなり助かっていることは間違いないです。

 

しかしながら、

 

紹介【しょうかい】

 

紹介されるのをただボ~ッと待っていても紹介は来ないです。

 

紹介されるにはポイントがあってそれを守ると
紹介される確率がぐんと上がるので

 

今回はそのことについて書いていきたいと思います。

 

紹介される3つのポイント!

 

紹介営業コツ

はい。ビジネスにおいての【紹介】についてです。

 

私は商売柄、いろいろな業種の方を知っているので
よく人から(起業したての人が多い)

 

「お客さんを紹介してください!」

 

と言われることがあります。

 

もちろん、その人のことをよく知っていて
人間的にも問題ない人であれば
「ええですよ!」と紹介させていただきます。

 

が、しかし

 

あぁ機会があったらですね・・・

 

と軽く受け流す程度の人も多々おります。

 

そんな、喜んで紹介してあげる人と、軽く受け流す人の違いは3つです。

 

====

①人間的に問題ない
②何をやっている人で、どんなことを話すのか知っている
③紹介して欲しい人が明確

====

 

①人間的に問題ない

 

まずは①人間的に問題ないについてです。

 

例えば、私がAさんから依頼されてBさんを紹介したとします。
もし、AさんとBさんとの間にトラブルがあった場合、
私はAさんとBさんの仲裁に入らないといけません。

 

もし、Bさんが私のクライアントさんだったり大切な友人だったりすると
私はBさんとの仲に亀裂を入れたくないので
人間的に問題がある人だと紹介するのはちょっと・・・と思いますよね。

 

だからですね、普段の生活で

 

・時間を守る
・愚痴や文句ばっかり言って行動していない
・料金の支払いを値切らない

など

 

人間的にどうかと思う行動はしないでおきたいものです。

 

②何をやっている人で、どんなことを話すのか知っている

 

次に②何をやっている人で、どんなことを話すのか知っているについて

 

こちらは、Aさんに紹介を依頼されたとしましょう。
私は、Aさんが何を売っている人か良く分からない。
セミナー講師とかだったらどんな内容を話すのか分からない。

 

そんな状態で人に紹介できないですよね。

 

商品のパンフを見たり
とりあえずその人が主催する
無料相談や無料セミナーに私が行ってみたりして

 

自分もためになって
人にも紹介したいな

 

と思えるものでないと大切な人を紹介する気にはなれません。

 

なので、まずは紹介して欲しかったら
自分が何者でどんな人の力になれて
どんな話をするのか伝えるツール

 

名刺やパンフレットやブログなどを準備しておきたいものです。

 

③紹介して欲しい人が明確

 

最後は③紹介して欲しい人が明確についてです。

 

・とにかく誰でもいいので紹介してください
・子育て中の女性で賃貸住宅に住んでいる人を紹介してください

 

自分が紹介する側だったら
どちらが人を紹介しやすいですか?

 

もちろん、子育て中の女性のほうですよね。

 

なぜなら、具体的で誰とイメージしやすいからです。

 

例えば、これが住宅営業の人だったら
私に紹介を依頼して
あ、じゃあ持ち家に住んでいる75歳の両親を紹介します!と言われても困りますよね。

 

だから、紹介して欲しい人が明確なほうが良いです。

 

つまり自分の理想客のイメージを伝えられるようになっておいたほうが良いということです。

 

まとめ

 

紹介営業 コツ

ということで3つ

 

①人間的に問題ない
②何をやっている人で、どんなことを話すのか知っている
③紹介して欲しい人が明確

 

これら3つを押さえておけば
紹介してください!とお願いした時に
紹介される確率は高くなるのですが、

 

最後にもう一つだけ!

 

クレクレ君にならないこと!

 

まずは、紹介してくれる人に何かメリットを差し上げる
何かを与えられるGiver(ギバー)であることを意識してください。

 

紹介をクレクレだけで
他人に何のメリットも与えられない人は
いずれ人が離れていくことになります。

 

まずは3つのポイントを押さえて
与える(Giveすること)を意識くださいね!

 

以上

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

直近のセミナー情報

 

7月16日(土)10:00~12:30 スマホでメタバースを体験するセミナー
場所:zoom
料金:無料
必要なもの:ノートパソコンとスマホ(iPhone・Android対応)
定員:5名様 7月30日(土)10:00~13:00

 

講師のためのプロフィール作成講座
料金:無料
場所:ZOOM
定員:5名様⇒残4名

 

気になる方はこちらのフォームから 〇月×日(セミナータイトル)参加希望と入れてお送りください

↓  ↓  ↓  ↓ 

 

申込はこちら

 

セミナー情報はメルマガでも発信しております
よかったら読者登録してくださいね

 

リフォームニュースレター

この記事を書いている人 - WRITER -
地域密着零細企業の売り上げを短期間で倍増させる集客コンサルタント 大卒後に就いた保険営業で2年間の売れない時代を過ごす。 友人からの保険相談をヒントに「相談を生み出すマーケティング」を考案。費用ゼロの集客手法を確立。営業なしで安定した売り上げを維持。 その後、地元リフォーム業者に同じ手法を指導し、短期間で売り上げを倍化させる。そこから紹介と口コミが連鎖したのをきっかけにコンサルタントとして独立。 現在は福山市を拠点として、中小零細の地元密着企業を対象とした集客コンサルタントとして活躍。短期間でクライアントの売り上げを数倍化するなど確かな手腕には定評がある。 福山市のキラリと光る零細企業の売り上げアップを通じた故郷活性化を目指して東奔西走の日々。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Top